東京都道新宿副都心五号線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
特例都道
東京都道新宿副都心五号線
北通り
路線延長 815 m
制定年 未調査
開通年 未調査
道路の方角 東西
起点 新宿区西新宿一丁目
東京都道新宿副都心八号線交点)
終点 新宿区西新宿二丁目
熊野神社前交差点)
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路
新宿警察署裏交差点

東京都道新宿副都心五号線(とうきょうとどう しんじゅくふくとしんごごうせん)は、東京都新宿区特例都道である。この道路は、通称「北通り」といわれている。

概要[編集]

西新宿を東西に貫き、路上のケヤキ並木は、みどりの新宿30選に新宿区が選定している[1]。整理コードは3505。

路線データ[編集]

  • 起点 : 東京都新宿区西新宿一丁目(東京都道新宿副都心八号線交点)
  • 終点 : 東京都新宿区西新宿二丁目(熊野神社前交差点)
  • 路線延長 : 815 m
  • 通過する自治体 : 東京都新宿区

歴史[編集]

淀橋浄水場廃場に伴う、西新宿地区の再開発により設置された。

地理[編集]

起点から終点方向に向かい、なだらかに下る。

交差する道路[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 新都心北通りのケヤキ並木 - 新宿区
  2. ^ 同日、建設省告示第1133号

参考文献[編集]

  • 財団法人新宿副都心建設公社『財団法人新宿副都心建設公社事業史』1968年、22ページ

関連項目[編集]