新宿中央公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
新宿中央公園
Stairs in the Shinjuku Central Park by mrhayata.jpg
新宿中央公園の様子
新宿中央公園の位置(東京都区部内)
新宿中央公園
分類 都市公園
所在地
座標 北緯35度41分23.3秒
東経139度41分21.8秒
面積 8万8065m²
開園 1968年4月1日
運営者 新宿区
設備・遊具 ちびっこ広場、ジャブジャブ池、水の広場、多目的広場、四季折々の花、ビオトープ
バリアフリー 身障者対応トイレ
アクセス 新宿駅から徒歩約10分、
西新宿駅から徒歩約5分、
都庁前駅から徒歩0分
事務所 新宿中央公園事務所
事務所所在地 新宿中央公園内
公式サイト [1]
テンプレートを表示

新宿中央公園(しんじゅくちゅうおうこうえん)は、東京都新宿区西新宿二丁目にある新宿区立の都市計画公園である。

面積は8万8065m2。新宿区内の緑地のうち新宿御苑明治神宮外苑戸山公園に次ぐ面積で、新宿区立公園の中では最も広い。

概要[編集]

西新宿の新宿高層ビル群の一角にあり、付近の貴重な緑地として、当地界隈に勤めるビジネスマンなどにも馴染みの公園である。また、開園当初よりテレビドラマ映画、特撮テレビ映画の撮影などが頻繁に行われており、撮影現場を見かけることも多い(有名なところでは「キイハンター」、「帰ってきたウルトラマン」〔TBS系列〕や「太陽にほえろ!」〔日本テレビ系列〕等)。新宿ナイアガラの滝と前の広場は、公園のシンボル的な存在でテレビドラマ特撮テレビアニメ(「デジモンテイマーズ」〔フジテレビ系列〕等)の撮影でも登場する。

元々当地は、現在隣接する熊野神社の敷地の一部であり、戦前には小西六写真工業(現:コニカミノルタ)の工場敷地などになっていた。それに戦後新宿副都心計画の一環として、淀橋浄水場の跡地と併せて、西新宿に勤めるサラリーマンなどへの憩いの場として公園として整備されることになった。公園の北端には新宿区立環境学習情報センターと新宿区立区民ギャラリーの複合施設エコギャラリー新宿が設けられた。

サラリーマン向け以外にも、付近在住の子どもたち向けの遊具(西新宿でも公園界隈では住宅街が残る)があるが、公園の一部では新宿駅西口地下広場から追い出されたホームレスダンボールハウスブルーシートテントなどで暮らしている。

歴史[編集]

  • 1902年明治35年) - 小西本店(後の小西六写真工業、現:コニカミノルタ)の写真用感光材製造部門である六桜社の工場が竣工。 
  • 1963年昭和38年) - 新宿副都心計画の一環として、工場移転。公園に。 
  • 1968年(昭和43年)4月1日 - 東京都立の公園として開園。
  • 1975年(昭和50年)4月1日 - 新宿区に移管。 

主な施設[編集]

アクセスなど[編集]

その他[編集]

1995年平成7年)に藤原伊織直木賞江戸川乱歩賞を受賞した小説『テロリストのパラソル』の冒頭は、新宿中央公園が舞台になっている。2002年1月19日、新宿中央公園で消火器爆弾が爆発して1人が重体になる事件があり、『テロリストのパラソル』との類似性が話題になった[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]