東京都道・埼玉県道49号足立越谷線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
主要地方道
Japanese Route Sign Number 4.svgJapanese Route Sign Number 9.svg
東京都道49号標識
Japanese Route Sign Number 4.svgJapanese Route Sign Number 9.svg
埼玉県道49号標識
東京都道49号足立越谷線
埼玉県道49号足立越谷線
地図
Tokyo and Saitama prefectural road No.49 Route map.svg
路線延長 13.536 km
陸上区間 13.536 km
海上区間 0 km
制定年 1973年
起点 東京都足立区西保木間[1]3丁目
終点 埼玉県越谷市大字下間久里[1]
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0004.svg国道4号
Japanese National Route Sign 0298.svg国道298号
Japanese National Route Sign 0004.svg新4号国道
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路
足立越谷線と草加松原(草加市)

東京都道・埼玉県道49号足立越谷線(とうきょうとどう・さいたまけんどう49ごう あだちこしがやせん)は、東京都足立区から埼玉県越谷市に至る都県道主要地方道)である。

概要[編集]

国道4号草加バイパス1967年(昭和42年)に開通したのに伴い1973年(昭和48年)12月25日に都・県道に降格された路線であり[1][2]、都県境である起点・足立区西保木間交差点から終点・越谷市下間久里交差点に至るまで国道4号及び東武伊勢崎線(東武スカイツリーライン)に並行している。通称「日光街道」、「旧4号線[3]、「足越線(あだこしせん)」[4]などと呼ばれ、草加市、越谷市の中心部を走る重要な道路であるほか、草加宿越ヶ谷宿草加松原など、日光街道の史跡を色濃く遺している。

草加、越谷の各市街地中心部を通るため、全線に渡り慢性的な渋滞が日常化している。越谷市の越ヶ谷〜大沢は、埼玉県東部エリア(草加・越谷)の主要渋滞区間である[5]

草加市の谷古宇橋交差点は、2013年は埼玉県内で4番目に事故の多い交差点であった[6]。また、越谷市内でも、越谷警察署が「人身事故が多発している」として速度違反取り締まり重点路線(重点時間帯:6時 - 9時、10時 - 14時、16時 - 19時)に指定している(規制速度は時速40km)[7]

路線データ[編集]

足立区西保木間交差点(起点付近)
  • 総延長:13.536km(東京都区間:0.286km、埼玉県区間:13.250km[2]
  • 実延長:13.536km(東京都区間:0.286km、埼玉県区間:13.250km[2]
  • 起点:東京都足立区西保木間3丁目(西保木間交差点=国道4号交点)
  • 終点:埼玉県越谷市大字下間久里(下間久里交差点=国道4号現道、新4号国道交点)
  • 認定:1973年12月25日

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

  • 交差する道路の特記がないものは区道・市道
  • 上が起点側、下が終点側。右が上り線側、左が下り線側。
交差する道路 交差点名
国道4号(日光街道) 千住上野方面
国道4号(草加バイパス 東京都 足立区 西保木間
埼玉県道401号谷塚停車場線 埼玉県 草加市 谷塚駅入口
埼玉県道104号川口草加線 埼玉県道54号松戸草加線 吉町五丁目
埼玉県道402号草加停車場線 埼玉県道327号草加八潮三郷線 草加駅入口
埼玉県道34号さいたま草加線 埼玉県道29号草加流山線 谷古宇橋
埼玉県道403号獨協大学前停車場線 獨協大学前駅(東)入口
国道298号 旭町二丁目
埼玉県道328号金明町鳩ヶ谷線 槐戸橋(西)
埼玉県道324号蒲生岩槻線 埼玉県道380号柿木町蒲生線 越谷市 蒲生西町
埼玉県道161号越谷川口線 南越谷一丁目
埼玉県道52号越谷流山線 瓦曽根二丁目南
埼玉県道52号越谷流山線 瓦曽根
埼玉県道19号越谷野田線 大沢一丁目
栄進中学校入口
国道4号越谷春日部バイパス 下間久里
国道4号現道(日光街道) 春日部杉戸方面

沿線施設[編集]

東京都
足立区
  • 都営西保木間三丁目アパート
  • 東京足立病院
  • 都営保木間五丁目アパート
  • 足立十全病院
  • 花畑公園
  • 花畑団地
埼玉県
草加市
越谷市

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]