草加松原

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
草加松原

草加松原(そうかまつばら)は、埼玉県草加市にある国指定の名勝[1]

概要[編集]

日光街道並木が草加市北部の綾瀬川沿いに1.5kmに渡って続く。千本松原とも呼ばれる[1]。 石畳が敷かれた遊歩道(草加市道9001号[2])が松並木に沿って整備され、車道と交差する箇所には跨道橋である百代橋や矢立橋が架けられており、遊歩道の連続性が考慮されている。松並木のすぐ西側を埼玉県道49号足立越谷線が平行している。以前は1982年(昭和57年)まで松並木の中を上り車線が通っていた[3]。松並木の遊歩道は、旧建設省と「道の日」実行委員会により制定された「日本の道100選」にも選定されている[4]

歴史[編集]

草加市は、江戸時代の日光街道の宿場町で、松尾芭蕉の『奥の細道』の旅の第1日目にも記されている。松並木のある地域は札場と呼ばれ、古くから草加宿の北の拠点で、綾瀬川の舟運で栄えた札場河岸があった[4]太平洋戦争後は、この日光街道は一般国道4号として東京と東北地方を結ぶ重要な幹線道路となり、1967年(昭和42年)の草加バイパス完成後は埼玉県に移管されて1973年(昭和48年)に県道足立越谷線になった[5][6]

日光街道の草加松原の松並木は、一説によると1683年(天保3年)の綾瀬川改修時に、関東郡代伊奈半十郎忠篤が植えたと伝えられており、「千本松原」と呼ばれ古くから親しまれてきた[4]1877年(明治10年)頃には806本あったマツが、戦後高度経済成長期モータリゼーションによって急速に普及した自動車の排ガスの影響で枯死が続き、一時は60本余りまで減少した[4]。このため、地域住民により保存の機運が高まり、1976年(昭和51年)には草加市民による「松並木保存会」が結成され、マツの植樹と手入れが行われた結果、現在の520本余りまで回復した[4]1983年(昭和58年)には、松並木の保存を図るため都市計画街路事業により松並木内にあった県道足立越谷線の車道を外側に移築して遊歩道化を行った。また1985年(昭和60年)からは、埼玉県と草加市の協力により、埼玉シンボルロード整備事業に着手し、その3年後に歴史ゾーン、イベントゾーン、シンボルゾーン、松原ゾーン、せせらぎゾーンという水と緑の調和する5つの空間エリアを完成させた[4]

沿革[編集]

風景[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 草加松原が国指定名勝になりました - 草加市、2014年3月18日、2015年11月27日閲覧。
  2. ^ 橋りょうのデザインを実施した橋 - 草加市ホームページ、2011年3月21日、2015年11月27日閲覧。
  3. ^ そうか事典 か行 - 草加市立中央図書館、2015年11月27日閲覧。
  4. ^ a b c d e f 「日本の道100選」研究会 2002, pp. 62-63.
  5. ^ 市長室広報課 (2011年5月29日). “一般国道4号”. 草加市公式ホームページ. 草加市. 2016年2月23日閲覧。
  6. ^ 市長室広報課 (2011年5月28日). “県道足立越谷線”. 草加市公式ホームページ. 草加市. 2016年2月23日閲覧。
  7. ^ 「日本の道100選」研究会 2002, p. 8.
  8. ^ 百代橋じゃらん
  9. ^ 矢立橋じゃらん

参考文献[編集]

  • 「日本の道100選」研究会 『日本の道100選〈新版〉』 国土交通省道路局(監修)、ぎょうせい2002年6月20日ISBN 4-324-06810-0

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯35度50分27.7秒 東経139度48分19.0秒 / 北緯35.841028度 東経139.805278度 / 35.841028; 139.805278