埼玉県道229号本川越停車場線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Japanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 9.svg
埼玉県道229号標識

埼玉県道229号本川越停車場線(さいたまけんどう229ごう ほんかわごえていしゃじょうせん)は、西武新宿線本川越駅前から埼玉県川越市連雀町交差点までを結ぶ一般県道である。 中央通りという通称を持つ。

概要[編集]

全長数百メートルのごく短い路線であり、県道川越日高線から本川越駅へのアプローチ道路としての役割を持つ。 これに加え、北側は川越一番街(県道坂戸毛呂山線連雀町 - 札の辻区間)を介して県道川越栗橋線へ、また南側はJR川越駅西口への市道を経て県道川越所沢線に繋がっており、川越市中心部を南北に貫く大動脈の一翼を担っている。

しかしながら片側1車線の細い道路であり、車の流れは良好とは言えない。 このため、恒常的に渋滞が発生している。

両側に歩道(一部屋根つき)があり、歩行者は比較的歩きやすい。

  • 起点:川越市新富町 西武鉄道新宿線本川越駅前
  • 終点:川越市連雀町交差点(埼玉県道15号川越日高線、および同39号川越坂戸毛呂山線交点)

接続道路[編集]

沿道・近隣の主な施設[編集]

関連項目[編集]