相模原愛川インターチェンジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
相模原愛川インターチェンジ
料金所
料金所
所属路線 C4首都圏中央連絡自動車道さがみ縦貫道路
IC番号 33
本線標識の表記 Japanese National Route Sign 0129.svg相模原愛川 町田
起点からの距離 21.5km(茅ヶ崎JCT起点)
厚木PA (4.0km)
(8.9km) 相模原IC
接続する一般道 Japanese National Route Sign 0129.svg国道129号
供用開始日 2013年3月30日
通行台数 ×台/日
所在地 252-0336
神奈川県相模原市南区当麻
テンプレートを表示

相模原愛川インターチェンジ(さがみはらあいかわインターチェンジ)は、相模原市南区当麻にある首都圏中央連絡自動車道さがみ縦貫道路[1]インターチェンジである。

本線ランプ分岐点は神奈川県厚木市上依知[2]愛川町境付近)にあり、料金所相模川を挟んだ対岸の相模原市南区当麻に位置する。ランプが相模川を渡る橋梁の名称は相模川渡河橋(さがみがわとかきょう)。

当初は相模原インターチェンジの仮称で呼称されていたが、2012年5月15日に正式名称が発表された。なお、「相模原インターチェンジ」の名称は隣接する城山インターチェンジ(仮称)の正式名称となった[3]

歴史[編集]

周辺[編集]

接続する道路[編集]

[編集]

首都圏中央連絡自動車道さがみ縦貫道路
(32)圏央厚木IC/JCT - 厚木PA - (33)相模原愛川IC - (34)相模原IC

脚注[編集]

  1. ^ 圏央道(さがみ縦貫道路)”. 相模原市. 2017年1月8日閲覧。
  2. ^ a b “道路に関する件(平成25年3月29日関東地方整備局告示第196号)”, 官報 号外第68号: 13, (2013年3月29日) 
  3. ^ a b さがみ縦貫道路のインターチェンジ名称が決定しました”. 中日本高速株式会社 (2012年5月15日). 2017年1月8日閲覧。
  4. ^ 圏央道をウォーキング!〜相模原愛川IC開通プレイベントを開催しました〜”. 相模原市. 2013年4月20日閲覧。
  5. ^ 圏央道の茅ヶ崎JCTから寒川北IC間、海老名ICから相模原愛川IC間が開通します”. 中日本高速道路株式会社 (2013年2月15日). 2017年1月8日閲覧。
  6. ^ 首都圏中央連絡自動車道(圏央道)の「相模原愛川IC〜高尾山IC」間の開通時期を見直します”. 国土交通省関東地方整備局相武国道事務所・中日本高速道路株式会社東京支社 (2013年12月26日). 2013年12月26日閲覧。
  7. ^ 国道468号 圏央道 相模原愛川IC〜高尾山ICが6月28日(土)に開通します国土交通省 関東地方整備局 相武国道事務所・中日本高速道路株式会社 東京支社 2014年4月4日付

関連項目[編集]

外部リンク[編集]