相模原麻溝公園競技場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
相模原麻溝公園 > 相模原麻溝公園競技場
相模原麻溝公園競技場
"相模原ギオンスタジアム"
メインスタンド
相模原麻溝公園競技場の位置(神奈川県内)
相模原麻溝公園競技場
施設情報
所在地 神奈川県相模原市南区下溝4169
位置 北緯35度31分40.45秒
東経139度23分9.72秒
座標: 北緯35度31分40.45秒 東経139度23分9.72秒
開場 2007年4月
拡張 2009年、2011年
所有者 相模原市
運用者 相模原市体育協会グループ
グラウンド 天然芝(106m×69m)
大型映像装置 フルカラーLED方式電光掲示盤
設計者 相模原市設計協同組合[1]
建設者 (建築)藤木工務店・谷津建設JV[1]
(電気設備)野﨑電気・播州電気JV[1]
(空調設備)朝日工業社・穂久斗工業JV[1]
(給排水衛生設備)折本設備[1]
使用チーム、大会
SC相模原(Jリーグ)
ノジマステラ神奈川相模原日本女子サッカーリーグ
三菱重工相模原ダイナボアーズトップイーストリーグ
ノジマ相模原ライズXリーグ
収容能力
15,300人
アクセス
当項目を参照。

相模原麻溝公園競技場(さがみはらあさみぞこうえんきょうぎじょう)は神奈川県相模原市南区相模原麻溝公園内にある陸上競技場。球技場としても使用される。施設は相模原市が所有し、相模原市体育協会グループ(公益財団法人相模原市体育協会、日本体育施設株式会社株式会社NTTファシリティーズ、株式会社ギオン)が指定管理者として運営管理を行っている。

相模原市に本社を置く株式会社ギオンが2014年命名権を取得し、同年3月1日から「相模原ギオンスタジアム」(さがみはらギオンスタジアム、略称:ギオンス)の呼称を用いている(後述)。

概要[編集]

相模原市が、市内に本格的な陸上競技場を建設することを目的とし、1998年平成10年)に開催された第53回国民体育大会(かながわ・ゆめ国体)のラグビー会場であった麻溝公園内のスポーツ広場を改装、区域を拡張し、日本陸上競技連盟第2種公認の陸上競技場として整備した。

2007年4月にフィールド、2009年4月にメインスタンド[1]2010年4月に電光掲示盤(フルカラーLED)、2011年4月にバックスタンド(1階が屋内練習走路)がオープンした。

当スタジアムを本拠地とするJリーグSC相模原はスタジアム建設後の2008年設立ということもあり、J1・J2ライセンス基準は考慮されていない。現時点では夜間照明設備がなく、将来計画についても照度500Lx程度とされており、J1・J2ライセンス基準の求める1500Lxに達していない。また、客席数(後述)やトイレの数も不足しているほか、諸室(記者会見場など)も一部整備されていないことから、SC相模原がJ2リーグに昇格するためにはこれらを整備する必要があるが、相模原市はこれらの整備費用を約50億円と試算しており、積極的な整備に踏み切れない状況にある[2]。その内照明については1500Lxのものが2018年4月に設置されることが決定している[3]。また、2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けた事前キャンプ地にブラジルが検討中であることが分かった[4]

施設[編集]

主競技場[編集]

  • 日本陸上競技連盟第2種公認[1]
  • トラック:全天候舗装、400m×9レーン[1]
  • フィールド:天然芝、106×69m[1]
    • サッカー・ラグビー等の公式試合で使用可能
  • 雨天走路、約80m×4レーン
  • 電光表示盤:フルカラーLED方式
  • 収容人員:15,300人
    • メインスタンド(個席仕様):2,823人 内、車椅子スペース42席
    • 北サイドスタンド(芝生):4,429人 内、車椅子スペース10席
    • 南サイドスタンド(芝生):4,556人 内、車椅子スペース10席
    • バックスタンド(長椅子仕様):3,492人 内、車椅子スペース20席
      • Jリーグ開催時は両サイドスタンドが定員外となるため、「入場可能数」は6,315人となっている[5]
  • 駐車場 一般用243台 大型バス10台 身障者用6台
    • Jリーグ等の試合開催日は、駐車場の一般利用が不可になることがある。

第2競技場[編集]

  • 日本陸上競技連盟第4種公認
  • トラック:全天候型舗装、1周400m×6レーン
  • フィールド:人工芝 107m×75m
    • サッカー・ラグビーなどの公式試合や、陸上の投擲種目も実施可能

施設命名権[編集]

2014年1月9日、相模原市中央区に本社を置く物流会社のギオンが相模原麻溝公園競技場および第2競技場の命名権を取得し、相模原市とネーミングライツに関する契約を締結した。2014年3月1日からの3年契約(年額1,000万円)で、相模原麻溝公園競技場は「相模原ギオンスタジアム」(略称:ギオンス)、第二競技場は「相模原ギオンフィールド」の呼称をそれぞれ用いている[6]。2017年にはさらに5年延長した。

開催された主なイベント・大会[編集]

陸上競技[編集]

  • 相模原駅伝競走大会
  • さがみはら元旦マラソン
  • 相模原市民陸上競技選手権大会
  • 相模原クロスカントリー

サッカー[編集]

ラグビー・アメフト[編集]

交通[編集]

脚註[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i 「相模原麻溝公園競技場メインスタンド建設工事」竣工 (PDF) 藤木工務店(記事:建設通信新聞 2009年3月10日2013年12月27日閲覧
  2. ^ 栗田成芳 (2016年2月2日). “昇格ライセンスなし…ジレンマ抱えながら戦う相模原”. 日刊スポーツ. http://www.nikkansports.com/soccer/column/writers/news/1600005.html 2016年10月9日閲覧。 
  3. ^ [http://www.townnews.co.jp/0301/i/2016/11/24/358643.html “市12月補正予算案 小・中学校整備に35億円「ギオンス」の照明設備費も”]. タウンニュース. (2016年11月24日). http://www.townnews.co.jp/0301/i/2016/11/24/358643.html 2017年2月8日閲覧。 
  4. ^ “東京五輪事前キャンプ地 ブラジル、相模原市を検討”. タウンニュース. (2017年3月9日). http://www.townnews.co.jp/0302/2017/03/09/373094.html 2017年3月14日閲覧。 
  5. ^ a b c d e 相模原ギオンスタジアム”. 日本プロサッカーリーグ. 2016年10月9日閲覧。
  6. ^ 相模原市ネーミングライツ”. 相模原市. 2016年10月9日閲覧。
  7. ^ a b c d アクセス”. 相模原市体育協会グループ. 2013年12月27日閲覧。

外部リンク[編集]