鈴鹿峠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
鈴鹿峠
Suzuka Pass Relief Map, SRTM-1 (marked).jpg
標高 357 m
所在地 三重県亀山市滋賀県甲賀市
位置 北緯34度53分39秒 東経136度20分14秒 / 北緯34.89417度 東経136.33722度 / 34.89417; 136.33722座標: 北緯34度53分39秒 東経136度20分14秒 / 北緯34.89417度 東経136.33722度 / 34.89417; 136.33722
山系 鈴鹿山脈
通過する交通路

Japanese National Route Sign 0001.svg国道1号鈴鹿トンネル

東海道
Project.svg プロジェクト 地形
テンプレートを表示

鈴鹿峠(すずかとうげ)は、三重県亀山市滋賀県甲賀市に位置する東海道国道1号)の標高は357m。

概要[編集]

滋賀県側は比較的なだらかである一方、三重県側は高低差が急激であり、現在でも箱根峠に次ぐ「国道1号有数の難所」と言われるほど、険しい区間が多い。東海道本線東海道新幹線名神高速道路もその険しさによる難工事が予想されたために、このルート採用を断念して中山道に迂回している。東海道沿いに鉄道を敷設しようとした関西鉄道も鈴鹿峠の南にある加太越を加太トンネルにて通り抜けるルートを選択し、柘植駅より東海道沿いに官鉄の草津駅を目指した。これが現在の関西本線草津線である。

現在では鈴鹿峠を越える国道1号とほぼ並行するルートに新名神高速道路鈴鹿トンネルが開通している。結果、鈴鹿峠を抜けるのは道路のみで鉄道は実現していない。

歴史[編集]

鈴鹿山脈のなかで最も低い位置にある峠で、古くから畿内から東国への重要なルートであった。壬申の乱に際しては、大海人皇子(後の天武天皇)に味方した伊勢国司の兵が鈴鹿山道(鈴鹿峠)を封鎖している。飛鳥時代に現在の亀山市関地区に鈴鹿関が置かれ[1]、以後これより東を関東と呼んだが、当初は伊賀国を経由する加太越えの道が用いられていた。仁和2年(886年)、斎宮繁子内親王の伊勢行きを契機として鈴鹿峠を経由する新道(阿須波道)がひらかれ[2]、その後明治にいたるまで東海道の本道として機能した。また、「鈴鹿山」と呼ばれる鈴鹿峠とその周辺の山地は、『後撰和歌集』以降歌枕として多くの和歌に詠まれた。

盗賊の横行する場所としても名高く、新道開通12年後の昌泰元年(898年)には伊勢神宮への勅使一行が襲撃され[3]、以後鈴鹿山の盗賊はたびたび史書に現れることとなる。こうしたなかで、坂上田村麻呂による鬼神大嶽丸退治や、女盗賊立烏帽子(鈴鹿御前)の伝承が生まれた。峠をへだてて滋賀県側には土山の田村神社が、三重県側には坂下の片山神社があり、それぞれ田村麻呂や鈴鹿御前を祀り[4]、室町時代・江戸時代を通じて東海道の旅人たちの守護神として崇敬された。

江戸時代には東海道五十三次として坂下宿土山宿が整備された[5]が、明治23年(1890年)に草津-柘植-四日市間に関西鉄道(現在の草津線-関西本線)が開通したことにより、東海道の要衝としての地位を失った。現在の鈴鹿峠は自動車社会の急速な進行に対応すべく国道整備が進み、 旧街道は東海自然歩道の一部として残っている。

交通[編集]

国道1号標識

峠付近では、国道1号のバイパス整備が進んでいる。

  • 関バイパス ※現在一部区間が暫定開業。
  • 鈴鹿峠バイパス:滋賀県方面への一方通行の形で新たに建設され、従来の道は三重県方面への一方通行となっている。

※荒天時は鈴鹿峠バイパス三重県側区間は徐行もしくは通行止めになる。また、冬場は路面凍結に注意を要する。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 一代要記』では天武天皇元年(672年)とするが、鈴鹿関の設置時期には諸説ある。
  2. ^ 日本三代実録」(『新訂増補国史大系 4』)
  3. ^ 「太神宮諸雑事記」(『神道大系 神宮編1』)
  4. ^ 寛政9年(1797年)刊『東海道名所図会』では土山田村神社の祭神を将軍田村麿・嵯峨天皇・鈴鹿御前とし、神宝として田村将軍像や鈴鹿御前像を有すという。また片山神社については、IT版『亀山市史』通史編第4章において鈴鹿御前を祀る鈴鹿社のこととしている。
  5. ^ 西田與四郎「鈴鹿峠の聚落」、『地理学評論』第2巻第6号、日本地理学会、1926年、 493-503頁、 doi:10.4157/grj.2.493

関連項目[編集]