加太越

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
加太越
国道25号.jpg
国道25号(亀山市加太)
標高 309 m
所在地 三重県伊賀市亀山市
位置 北緯34度50分45秒 東経136度17分4秒 / 北緯34.84583度 東経136.28444度 / 34.84583; 136.28444座標: 北緯34度50分45秒 東経136度17分4秒 / 北緯34.84583度 東経136.28444度 / 34.84583; 136.28444
山系 鈴鹿山脈
通過する交通路 Japanese National Route Sign 0025.svg国道25号
Japanese National Route Sign 0025.svg国道25号名阪国道(加太トンネル)
関西本線
Project.svg プロジェクト 地形
テンプレートを表示
名阪国道加太トンネル(上り線入口)
関西本線中在家信号場

加太越(かぶとごえ)は三重県伊賀市と同県亀山市の間にある鈴鹿山脈南嶺南にあり、鈴鹿峠が開かれる前は東海道が走るなど、古来から人の往来があった。

現在でも名阪国道国道25号)、西日本旅客鉄道(JR西日本)関西本線などが通っている。比較的緩やかな峠である。また、関西本線柘植駅加太駅間にはスイッチバック方式の中在家信号場がある。

かつて徳川家康本能寺の変によって危機に晒されたとき、命辛々、山越えを果たした神君伊賀越えの逸話がある。

関連項目[編集]