伊賀越え

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

伊賀越え(いがごえ)は、畿内より東国へ行く際に伊賀国を経由して行くことを指す。

神君伊賀越え[編集]

天正10年6月2日1582年6月21日)の本能寺の変に際し、徳川家康明智光秀の軍や混乱に乗じた落ち武者狩りなどとの遭遇を回避するために、大阪府堺市)見物後の滞在先であった河内国四條畷(大阪府四條畷市)からわずかの供回りを連れて山城国宇治田原近江国甲賀小川村に辿り着いた[1]。その後、天正伊賀の乱の地・伊賀国の険しい山道を経て加太峠を越え、伊勢国津(三重県津市)又は伊勢国白子(三重県鈴鹿市)又は伊勢国浜村(三重県四日市市)の何れかから海路で領国の三河国大浜(愛知県碧南市)へ戻り、岡崎城へ帰還した。

従来、近江国小川村での滞在先は家康の警護に当たった多羅尾氏のもつ山城・小川城とされていたが、1696年(元禄9年)に幕府が全国の浄土宗寺院に提出させた「浄土宗寺院由緒書」を基にした増上寺の「増上寺史科集」及び知恩院の「浄土宗全書」に記述があることが明らかとなり、近江国小川村での滞在先は小川城ではなく妙福寺(現存せず)であるとみられている[1]

当時、家康に随行していた供廻は、以下の僅か34名であった。

酒井忠次石川数正本多忠勝井伊直政榊原康政本多正盛石川康通服部正成高木広正大久保忠隣菅沼定政久野宗朝本多信俊阿部正勝牧野康成三宅正次高力清長大久保忠佐渡辺守綱森川氏俊酒井重勝多田三吉花井吉高、鳥居おます、内藤新五郎、都筑亀蔵、松平玄成菅沼定利永井直勝、永田瀬兵衛、松下光綱、都筑長三郎、三浦おかめ、青木長三郎

これらは徳川四天王をはじめとする徳川家の重鎮が揃っており、光秀の配下や一揆等に襲われていたら徳川家への大打撃は必至であった。家康は本能寺の変の報に際して取り乱し、一度は、光秀の支配下にある京都に上り松平家にゆかりのある知恩院浄土宗鎮西派総本山)に駆け込んで自刃することを決意したが、本多忠勝を始めとする家臣たちに説得され、三河へ帰ることとした。この時、茶屋四郎次郎が行く先々で銀子を渡してトラブルを避けたという。一方、大浜に到着した家康を迎えた松平家忠は、一行が雑兵二百人ほどを討ち取ったという話を日記に記している[2]

家康主従には、堺見物の案内役であった織田家中の長谷川秀一西尾吉次、それと家康とともに上洛していた梅雪斎不白(穴山信君)の一行も同行していた。長谷川秀一は一行脱出経路の決定や大和、近江の国衆への取り次ぎを行うなど伊賀越えの成功に貢献[3]し、安全圏の尾張熱田まで家康一行に同行して逃げ、無事窮地を脱した[4]。吉次は、無事に伊賀越えを成し遂げた後そのまま家康の家臣になった。他方、梅雪斎は一揆の襲撃により、切腹した[2][5]とも家康と別行動を取ったところを殺害された[6]とも言う。

また、伊勢国から三河国大浜までの船を手配して、家康や供廻の帰還を助けた伊勢商人角屋七郎次郎秀持は、後年(1600年9月10日)、家康より「汝の持ち船は子々孫々に至るまで日本国中、いずれの浦々へ出入りするもすべて諸役免許たるべし」と喜ばれ、以後廻船自由の特権を与えられた[7][8]

参考資料[編集]

  • 『真説 本能寺』桐野作人(著)、学研M文庫 ISBN4-05-901042-1
  • 『渡会の光』小川稠吉、宇野季次郎(著)、古川小三郎(出版)、1900年(明治33年)12月21日3年)
  • 「伊賀越え」を題材にした小説には、仁志耕一郎『玉繭の道(たままゆのみち)』(朝日新聞出版 2013年)などがある。

出典[編集]

  1. ^ a b “家康の「伊賀越え」、宿泊は寺 滋賀・甲賀の郷土史家、資料発見”. 京都新聞. (2015年12月31日). http://www.kyoto-np.co.jp/sightseeing/article/20151231000039 2016年1月1日閲覧。 
  2. ^ a b 家忠日記』天正十年六月四日条
  3. ^ 東照宮御実紀付録巻四』
  4. ^ 『信長公記』
  5. ^ 信長公記』巻十五「家康公和泉堺ヨリ引取被退事」条
  6. ^ 『イエズス会日本年報』「天正11年正月21日付ルイス・フロイス書簡」、雄松堂出版、1969年、2002年。
  7. ^ 小川稠吉、宇野季次郎『渡会の光』古川小三郎、P60、61
  8. ^ 角屋七郎次郎|朝日日本歴史人物事典

関連項目[編集]