井伊直政

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
井伊直政
Ii Naomasa.jpg
時代 安土桃山時代後期から江戸時代前期
生誕 永禄4年2月19日1561年3月4日
死没 慶長7年2月1日1602年3月24日
改名 虎松、万千代(幼名)、直政
別名 井伊の赤鬼、人斬り兵部(渾名)
戒名 祥壽院殿清涼泰安大居士
墓所 滋賀県彦根市祥壽山清涼寺
官位 従五位下従四位下修理大夫侍従[1]、贈従三位
主君 徳川家康
上野高崎藩主→近江佐和山藩主→近江彦根藩
氏族 井伊氏(自称藤原氏
父母 父:井伊直親、母:奥山親朝
継父:松下清景
兄弟 直政
正室松平康親娘・徳川家康養女
側室:伊具
直勝直孝、政子(松平忠吉正室)、德興院(伊達秀宗正室)
徳川四天王井伊直政公出世之地碑(静岡県浜松市北区引佐町龍潭寺

井伊 直政(いい なおまさ)は、安土桃山時代から江戸時代前期にかけての武将大名井伊氏第17代または24代当主[2]上野国高崎藩の初代藩主。後に近江国佐和山藩彦根藩)の初代藩主。兜は天衝脇立朱漆塗頭形兜。

徳川氏の家臣(家臣になった当時は外様)。自身が組織した井伊の赤備えは戦国屈指の精鋭部隊として特に有名である。徳川氏きっての政治家・外交官としても名高い。遠江国井伊谷の出身で若手の武将でありながら、『柳営秘鑑』では榊原氏鳥居氏と並び、「三河岡崎御普代」として記載されている。また、江戸時代に譜代大名の筆頭として、江戸幕府を支えた井伊氏の手本となり、現在の群馬県高崎市滋賀県彦根市の発展の基礎を築いた人物でもある。

徳川四天王徳川十六神将徳川三傑に数えられ、家康の天下取りを全力で支えた功臣として、現在も顕彰されている。その一例として、滋賀県彦根市では、直政が現在の彦根市の発展の基礎を築いたということを顕彰して、「井伊直政公顕彰式」という祭典が毎年行われている。

大正6年(1917年11月17日、贈従三位。

生涯[編集]

家康の家臣になるまで[編集]

永禄4年(1561年)2月19日、今川氏の家臣である井伊直親の長男として、遠江国井伊谷(現在の静岡県浜松市北区引佐町井伊谷)で生まれる。幼名は虎松。井伊氏は先祖代々、井伊谷の国人領主であり、当時の井伊家当主である井伊直盛(直政の父の従兄)は今川義元に仕えて桶狭間の戦いで戦死した。父の井伊直親は、直政の生まれた翌、永禄5年(1562年)に謀反の嫌疑を受けて今川氏真に誅殺される。当時、虎松はわずか2歳であったため、新たに直親の従妹に当たる祐圓尼が井伊直虎と名乗り、井伊氏の当主となった。

虎松も今川氏に命を狙われたが、新野親矩が今川に助命して新野のもとで直政とその母は暮らす。しかし永禄7年(1564年)、新野親矩が討死し、そのまま新野の妻のもとで育てたとも、井伊直盛の正室と直政の実母が養育したともいうが、永禄11年(1568年)、甲斐の武田が今川を攻めようとした際、井伊家家老の小野但馬は今川からの命令として、直政を亡き者にして小野が井伊谷の軍勢を率いて出兵しようとしたため、直政を出家させることにして浄土寺、さらに三河鳳来寺に入った。

江戸時代中期、享保15年(1730年)に著された「井伊家伝記」では、次郎法師(井伊直虎)を直政の「養母」と表現するが、直政には実母(奥山親朝娘)がいる。江戸時代には、実子でない家督相続は養子関係を結んだことから、「養母」とは直政の前代の当主という意味と理解できる。実際には、直虎と直政の間に実母に代わる母子関係があったわけではない。

天正2年(1574年)、直政が父の13回忌のために龍潭寺に来た時、井伊直盛の正室(井伊直虎の母)・井伊直虎龍潭寺の住職・直政の母が相談し、家康に仕えさせようとするが、まずは鳳来寺に帰さないために直政の母が松下源太郎に再嫁し、直政は松下家の養子になったことにしたという[3]天正3年(1575年)、徳川家康に見出され、井伊氏に復することを許され虎松を万千代と改めた。さらに旧領である井伊谷の領有を認められ、家康の小姓として取り立てられた。

安土桃山時代[編集]

万千代は、高天神城の攻略を初めとする武田氏との戦いで数々の戦功(家康の寝所に忍び込んで来た武田軍の忍者の討ち取りなど)を立てた。天正10年(1582年)、22歳で元服し、直政と名乗る。この年、家康の養女で松平康親の娘である花(後の唐梅院)と結婚する(結婚は天正12年説あり)。同年の本能寺の変では、家康の伊賀越えに従い、滞在先のから三河国に帰還する。さらに武田氏が滅亡した後、天正壬午の乱北条氏との講和交渉を徳川方の使者として担当し、家康が武田氏の旧領である信濃国甲斐国を併呑すると、武田家の旧臣達を多数に付属されて一部隊を編成することとなり、士大将になった。これにより、徳川重臣の一翼を担うことになる。その部隊は、家康の命により武田の兵法を引き継ぐもので、その代表が山県昌景の朱色の軍装(または小幡赤武者隊)を継承した井伊の赤備えという軍装であった。また、同時に井伊谷4万石に加増されたという説あり。このころから、「兵部少輔」を称する(「兵部大輔」とあるのは誤記)。[4] 天正12年(1584年)の小牧・長久手の戦いで、直政は初めて赤備えの部隊を率いて武功を挙げ、一躍天下に名を知られるようになる。また小柄な体つきで顔立ちも少年のようであったというが、赤備えを纏って兜には鬼の角のような前立物をあしらい、長槍で敵を蹴散らしていく勇猛果敢な姿は「井伊の赤鬼」と称され、諸大名から恐れられた[5][6]。 天正13年(1585年)、真田攻めの撤退を指揮するために上田に派遣される。この後、井伊谷6万石に加増されたという説あり。 天正14年(1586年)10月、家康が上洛し、秀吉に臣従すると、直政の武力・政治的手腕を秀吉は高く評価し、11月23日に従五位下に叙位させ、豊臣姓を下賜したという[7]。天正16年(1588年)4月、聚楽第行幸の際には、徳川家中で当時筆頭家老であった酒井忠次を始め、古参の重臣達が諸大夫に留まる中、直政のみが昇殿を許される一段身分が上の公家成に該当する侍従に任官され、徳川家中で最も高い格式の重臣となった[8]。この時に「井侍従藤原直政」という署名が見られ、豊臣姓ではなく藤原姓を称した[9]

直政が、豊臣政権の中の官位序列で徳川家臣筆頭の侍従を得た理由は、徳川家臣団の中で直政は親族・一門の扱いを受け、他の徳川家臣より上位の格式に位置づけられたためと考えられる。それは、もともと井伊は徳川と対等な家格で、築山殿を介して親族関係にあったためとされる。家康は、直政の交渉能力や出自を考えて、徳川家臣団の筆頭に位置づけた[10]

直政は新参ながら数々の戦功を評価され、天正18年(1590年)の小田原征伐では数ある武将の中で唯一夜襲をかけて小田原城内にまで攻め込んだ武将としてその名を天下に轟かせる[要出典]奥州仕置九戸政実の乱でも仕置軍の先鋒を務めた。その後、北条氏に代わって家康が江戸に入ると、直政は上野国箕輪城群馬県高崎市)に徳川氏家臣団の中で最高の12万石で封ぜられる。因みに10万石以上を与えられた者は、直政、本多忠勝、榊原康政の3人のみである。慶長3年(1598年)には、箕輪城を廃し、南の和田城を改築して高崎城と改称して新たな居城とした(地名の由来に関しては高崎市の項目を参照)。この時、箕輪城下に住んでいた民衆達も高崎に移っている。しかし、家康付きの公務が多忙で高崎には腰を落ち付けてはいられなかった。慶長3年(1598年)、直政が番役として京都にいる家康のもとにいたときに秀吉が死去し、この後の政治抗争で直政は豊臣方の並み居る武将と交渉を一手に引き受け、家康の味方に引き入れることに成功している。特に黒田孝高・長政父子とは盟約を結ぶまでの関係を築き、黒田を通じてその他の武将も親徳川に組み入れた。

関ヶ原の戦いと戦後処理[編集]

関ヶ原の戦いの松平忠吉・井伊直政陣跡(岐阜県不破郡関ケ原町)

慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは家康本軍に随行し、本多忠勝と共に東軍の軍監に任命され、東軍指揮の中心的存在となった。同時に全国の諸大名を東軍につける工作を行い、直政の誘いや働きかけにより、京極高次竹中重門加藤貞泰稲葉貞通関一政相良頼房犬童頼兄らを西軍から東軍に取り込んだ。先陣が福島正則と決まっていたにもかかわらず、直政と松平忠吉の抜け駆けによって戦闘が開始されたとされているが、笠谷和比古によると実際は抜け駆け行為は霧の中での偶発的な遭遇戦という形をとっており、戦闘開始はそれに続く福島正則の宇喜多隊に向けた銃撃戦に求めるべきとされている。家康から諸将に七月七日付で出されている軍法の第四条で抜け駆けを厳禁している。そもそも合戦開始時においても、合戦後においても福島から井伊に対して何らの抗議めいた態度は示されておらず、井伊の開戦時における行為は、かなり抑制されたものであって、福島の名誉を傷つけないように配慮されたものと推測されている[11]。その後の直政と忠吉の行動に関しては、宇喜多秀家小西行長の軍と戦った、敵中突破退却を図ろうとする島津義弘の軍と戦ったと言う2説があるが、最近では島津軍と戦ったという説が有力であるとされている。この戦いで義弘の甥である島津豊久を討ち取った。しかし、退却する島津軍を百余騎率いて猛追し、遂に義弘の目前まで迫り、いざ義弘討ち取りの命を下した際に、島津軍の柏木源藤が撃った銃弾が右肘関節(記述によっては右肩または左腕)に命中し落馬してしまう。あまりの猛追振りに護衛も兼ねる配下が追い付けず、単騎駆けのような状態であったという。

関ヶ原の戦いで大怪我を負ったにも関わらず、精力的に戦後処理と江戸幕府の基礎固めに尽力し、西軍の総大将を務めた毛利輝元との講和などに務めた。家康への全面的な忠節を誓わせた輝元からは、直政の取り成し、特に、周防[要曖昧さ回避]長門[要曖昧さ回避]の二カ国が安堵された事に大いに感謝され、今後の「御指南」役を請う起請文が直政に送られた。また、小牧長久手の戦いでは直政が交渉にあたり、聚楽第行幸では同じ侍従以上の大名行列に供奉し、昇殿し儀式に列席した縁もあり、長宗我部元親とは入魂の仲であったとされ、その息子で同じく親しい間柄にあり、意に反して西軍に与する事となった長宗我部盛親の謝罪の取次を仲立ちをした。その後、盛親が家臣の讒言から兄を殺害してしまったことにより所領没収となった際には、家臣の鈴木平兵衛を浦戸城へ派遣したが長宗我部の家臣に抵抗されたため、攻撃して城を接収した[12]。その他、徳川氏と島津氏の和平交渉の仲立ち(直政自身は和平交渉が完全に終了する前に亡くなったので、その後の和平交渉の仲立ちの役目は本多正信に引き継がれた)などと、抜群の政治センスや外交手腕を発揮している。また、真田昌幸と次男・信繁(幸村)の助命にも進退を懸けてまで尽力した。これは、東軍に味方した昌幸の長男・真田信之の懇請を受け入れたもので、信之は将来まで徳川家に尽くすだろうと考えての行動だった[13]という。これらの功によって、石田三成の旧領である近江国佐和山(滋賀県彦根市)18万石を与えられ、従四位下に任官された[14]。しかし、従四位下に叙されたのは天正16年(1588年)4月とする文化2年(1805年)に時の彦根藩京都留守居役が禁裡御所御役方より得た旧記(古文書)が有る[15]

また、この頃家康が直政・大久保忠隣・本多正信・榊原康政・本多忠勝・平岩親吉ら6人の重臣を呼び集め、自分の世嗣を誰にするか尋ねているが、 直政はこの時自分の娘婿である忠吉を推している。[要出典] しかし結果的には忠隣が推した徳川秀忠が世嗣となった。

江戸時代[編集]

慶長7年(1602年)2月1日に、おそらくは長年の家康に対する奉公による過労と関ヶ原で受けた鉄砲傷が癒えないまま、 破傷風が元で[要出典]死去した。 直政が死去した当初、地元の民衆達の間で三成の怨霊が城下を彷徨っているという噂が広まって、このことが家康の耳に入り、家康の命によって、佐和山城を始めとする三成に関係する物の全てを廃した。[要出典]

その後、彦根城の築城が開始されると同時に佐和山藩(18万石)は廃藩となった。代わってこの地には新たに彦根藩(30万石)が置かれた。それ以来、この地は明治時代になるまで井伊氏の藩として大いに栄えることとなった。

家康は、西国の抑えと、非常時に朝廷を守るため、京都に近い彦根に徳川最強の軍団である井伊家を配したと伝えられ、これを見ても徳川家から強い信頼を受けていたと考えられる。

家康は、徳川最強軍団である井伊家を率いる当主を誰にするかは重要な問題であったことから、慶長19年(1614年)、大坂冬の陣に出兵するに際し、直政の跡継ぎとして井伊家の軍団を率いる大将には、それまで名目上の井伊家当主であった直政長男の井伊直継には能力がなかったことから(表向きは病弱とする)、次男である井伊直孝を指名した。

遺体はその遺意により、当時芹川の三角州となっていた場所で荼毘に付された。その跡地に長松院を創建した。

人物・逸話[編集]

井伊直政像(彦根駅前)
  • 直政がまだ家康の小姓だった頃、大久保忠世の陣中に招かれて他の若手の武将とともに芋汁を振舞われた。だが、戦場の事であり味噌糠味噌、具はの葉や茎が混ざったものであった。だが、他の若い武将は芋汁を食べているのに、直政の食は進まない。忠世がどうしたのかを尋ねると、直政は「醤油はありませんか」と応じた。このことを聞いた他の武将達は「ここは戦場だと言うのにそのような物があるわけがないだろう」と口々に直政を非難した。忠世は直政に「同僚の者たちは皆、同じものを食べている。兵士達はこのような物でも満足には食べられない。ましてや農民達の中にはもっと苦しい生活をしている者達もいる。一軍の将になりたいのであれば、このことを絶対に忘れてはならぬぞ。そのためにここへ呼んだのだ」と言った。新参でありながらも若くして選抜され、部下にも厳しかった直政に対する周囲の目は厳しかった。これ以後、直政はよりいっそう自分にも部下にも厳しくなっていくのである(『名將言行録』卷之五十・大久保忠世の項を参照。ちなみに、ここで伝えられる醤油は、味噌を作る際の「たまり」であるため、現在の醤油とは異なる。現在のような醤油が作られるようになったのは江戸時代になってからである)。
  • 伊賀越えに直政は小姓組として従ったが、勇壮な働きを見せ、家康を守ったという。この時の働きへの褒美として家康から孔雀の羽で織った陣羽織を授かった。この陣羽織は現在、新潟県三島郡与板町の歴史民俗資料館に保管されている。
  • 「容顔美麗にして、心優にやさしければ、家康卿親しく寵愛し給い」との記録があるように、美男子として知られ(『甫庵太閤記』、『塩尻』、『徳川実紀』など)、家康が豊臣秀吉に従属する前に、家康に懐柔策のため人質として送られてきた秀吉の母・大政所やその侍女達が、直政に惚れ込んだという(直政のもてなしがとても丁寧だったという理由もある)。
  • また、人質の大政所を豊臣に返す際に、大政所の懇願で警護を任された。直政の手厚い保護に秀吉は大変喜び、自ら茶を立てて直政の疲れを癒そうとした。そこには、かつては家康の家臣であったが、今は秀吉の下に寝返って家臣となった石川数正も同席していた。このことに我慢ができなくなった直政は数正に向かって、「先祖より仕えた主君に背いて殿下に従う臆病者と同席すること、固くお断り申す」と怒鳴った。これはいかに直政が家康に対して忠義を尽くしていたかを伺える何よりの証拠と言える。なお、数正が秀吉の下に去ったのは天正13年(1585年)で、この事件が起こったのはその1年後の天正14年(1586年)である。
  • また、 数正出奔後は、名実共に徳川家第一の将となった。[要出典]この時期の内外における名声は、「ほまれ日本(ひのもと)に覆(はばか)る威光無疑(うたがいなし)」(『甲陽軍鑑抜書後集』)というものだった。
  • 直政は家康の寵童だったともいわれている。「万千代(直政)、近年家康の御座を直す」(『甲陽軍鑑』)「御座を直す」は、主君の伽(とぎ)のお相手をする隠語として用いる。
  • 天正16年(1588年)に秀吉が聚楽第に後陽成天皇を招き行幸が行われた際に、陪臣では唯一人、有力大名からなる大名行列に参列した。この時に、有力大名並の侍従という官職に就き昇殿が許される公家成という資格を有し、昇殿が許されない諸大夫成とは一線を画する格式にあったことを示す貴重な資料(「聚楽第行幸記」)が残っており、秀吉の信頼の厚さを示している。その聚楽第行幸の席で催された歌会で「寄松祝」のお題を出され、「たちそふる千代の緑の色ふかき 松の齢を君もへぬべし」という和歌を詠んでいる。
  • 小田原征伐の時、秀吉陣営の手薄なのを覗い知り、家康に「いい機会ですから秀吉を討ち取りましょう」と進言したが、「その時に有らず」と戒められたともいう(『常山紀談[16][要高次出典]
  • その小田原征伐では、唯一城内に攻め入り、四百人の北条方を討ち取り「万事にぬきんで合戦し、天下に誉を得後代に名を残せり」(『北条五代記』)と称揚される働きをした。
  • 関ヶ原の戦いの後、直政は石田三成の旧領を家康から賜ったが、三成は善政を敷いていたため、領民の信望が厚かった。直政はこのことを熟知していたため、佐和山城に入城すると、民政は三成のやり方を踏襲すると触れを出し、領民が三成を弔うことも黙認した。そのため、領民の心をつかむことに成功したという。また、三成が処刑される前、直政は三成の面倒を任されており、あまり三成に好感を抱いていなかったが、三成を手厚く保護した。[要出典]
  • 家康は自邸の庭近くに直政の家居を作らせて折々通っていた(『徳川実紀』、『天元実紀』)。
  • 直政は徳川家中の中では外様でありながら、徳川家臣随一の領国を与えられていた。このため、三河譜代からの家臣から嫉妬、反発されたが、直政はそれに対して常に家康に奉公することで退けたという[要高次出典]。ただし、そのあまりに厳しすぎる奉公ぶり、それは自分だけにとどまらず、周囲にも強要するほどのものであったという。そして直政自身は気性が激しく、家臣のわずかな失敗も許さずに手討ちにすることも少なくなかったため、「人斬り兵部」とも称されたという。また、家臣に気安く声を掛けることも殆ど無かったという(元来、寡黙な性格ではある)。しかし、政治的手腕は非常に優れていたため、箕輪城主の頃は、城下の民衆から慕われていた[17]
  • 大身になる前の頃、直政がどうしてもとねだるので家康が数ある愛馬の中から、特に栗毛の名馬を直政に与えた。これを聞いた本多重次がわざわざ直政のいるところで、「あのような名馬を万千代みたいな子倅にくれてやるとは、殿も目が暗くなったのではないか」といった意味のことを放言した。年が下って家康が関東に移ると直政は家中一の大身となったのに対し、重次は3000石しか与えられなかった。そして、大身になった直政は重次と顔を合わせた時、「昔、殿が名馬を下さった時に子倅だの何だのと馬鹿になされましたが、このような大身になれたのは、名馬に違わぬ働きをしたからでございます。目が暗かったのは本多殿の方でありましたな」と言い放った。このことから、直政は人に言われたことをすぐ根に持つタイプ、すなわち負けず嫌いであったということが分かる(「井伊年譜」[18])。
  • 毛利家の重臣である小早川隆景は直政の武勇・政治的手腕に関して「直政は小身なれど、天下の政道相成るべき器量あり」と評価したことがある。これは直政がその気になれば、天下を取ることもできるということを意味している。また、隆景だけでなく、地方の武将達も同じようなことを噂していた(『名将言行録[要高次出典])。
  • 関ヶ原の戦いが終結し、西軍に与した立花宗茂征討軍議が佐和山落城後に行われた時に鍋島勝茂から、直政の作法や容儀や勢いが言葉にも述べられないほど見事であったと賛辞を呈され「天下無双、英雄勇士、百世の鑑とすべき武夫なり」と評された(『葉隠』)。
  • 井伊の赤備えは、戦国屈指の先鋭部隊として天下に名を轟かせていたが、[要出典]家臣達の中には直政による厳しい軍律に耐えられなくなり、本多忠勝の下に去る者達も多かったという。近藤秀用などのように出奔してしまった例もある。筆頭家老である木俣守勝ですら、直政の下にいるのが怖くなり、家康に旗本に戻してくれるように頼んだ。だが、家康は自分を支える軍団育成を直政に期待し(直政に武田氏の旧臣が付けられた背景でもある)、そのために初期の井伊家の重臣の人事や軍の編成には家康の意向が直接介入が行われ、直政は家康の許可なく家中の人事が行えないなど主君としての権限は制約され、重臣たちは家康の許可なく勝手に直政の下を離れられなかったとされている(近藤秀用は出奔後家康からは10年間許されず、その旗本復帰も徳川秀忠や池田輝政のとりなしによる)[19]
  • 直政は家臣に非常に厳しく、少しでも戦で失敗をした者がいれば容赦せず処罰し、一軍の将となっても自ら先陣に立って戦うことを好むなど激烈な性格のため、戦の際に陣に留まって指揮を執ることはほとんどなく、筆頭家老である木俣守勝がその役目を果たしたという。
  • 関ヶ原の戦いの後、直政は近江国佐和山18万石を与えられたが、西軍を主導した石田三成の旧領であったため、 直政自身はあまり納得しておらず、家康に上野国高崎に戻してもらうように頼んだ。[要出典]
  • 生涯に参加した57回の戦で軽装備であったにもかかわらず、一度も傷を負わなかった本多忠勝に対して、直政は重装備であったが、戦で常に傷を負っていたという。このように直政と忠勝は度々比較の対象となったりすることがあり、この2人はお互いにライバル同士であったため、あまり仲がよくなかったとされる(記述によっては忠勝だけが直政をライバル視していたとされることもある)。なお、忠勝と同年齢の榊原康政とは、最初はあまり仲がよくなかったとされるが、家康が関東に入国してから共に行動をすることが多くなり、段々と仲がよくなっていったとされている。家康の筆頭家老である酒井忠次も家康と同じように直政に対して暖かい目で見守っていた。ちなみに忠次は直政がまだ一軍の将になったばかりの頃に康政がそのことを妬んだために叱ったことがある(『武功実録』[要高次出典])。
  • また、康政とは心友だったとされ、その交流の深さを知る上で、康政の次の様な言葉がある。「大御所(家康)の御心中を知るものは、直政と我計りなり」。常々「自分が直政に先立って死ぬようなことがあれば、必ず直政も病になるだろう。また直政が先立てば、自分の死も遠くない」と語り、直政が従軍するとあれば、康政は安心し、康政が従軍するとあれば直政は安堵したという(『武備神木抄』、『名将言行録』)。
  • ある時、家康は直政の家臣達を1つの場所に集めて、直政の衣服を脱がせて体に残っていた戦傷の一つ一つを涙ぐみながら説明したという。このことを聞いた直政の家臣達も家康を見てもらい泣きをし、自分達も主君である直政のために全力で武功を挙げようという決意をした。[要出典]
  • 関ヶ原の戦いの後、直政は西軍の一員であった島津義弘から家康との和平交渉の仲立ちを依頼された(徳川氏の家臣の中に政治を専門とする本多正信がいるにもかかわらず)ことからその政治的手腕は、他家の者達に知れ渡っていたと思われる。[要出典]
  • 他人を評価することがめったにない家康が秀忠の夫人であるお江に宛てた戒めの手紙の中で、「井伊直政という男は日頃は冷静沈着で口数が少なく何事も人に言わせて黙って聞いているが、局面では的確に意見を述べる。特に自分が考え違いをしている時は余人がいない所で物柔らかに意見をしてくれる。故に何事もまず彼に相談するようになった」と高く評価している(『庭訓状[要高次出典])。
  • 直政は石川数正と並んで徳川氏の家臣の中でも数少ない外交官として、大いに力を発揮し、また、家康から見て本多正信と並んで天下取りの知恵袋とされていた。[要出典]
  • 直政は正室である唐梅院に対してはかなりの恐妻家で、誰よりも負けず嫌いであった直政もこの唐梅院だけには頭があがらなかったという。直政室(唐梅院)はその侍女が直政の子を孕んだと知ると侍女をその父印具徳右衛門の元に送ってしまった。印具は松平康重の家臣だったので、関東移封の時にその城地・私市(騎西)に移る途上の藤枝宿で直孝は生まれた。その後、直孝はその母の元で育ち、6歳になると母は箕輪城の直政の外出の時を待って直孝を引き渡したが、父直政はすぐに箕輪のとある庄屋にその子直孝を預け置き養育を託した。12歳でやっと直孝は内緒で直政に召し寄せられ直政所用の采配を授けられたが、翌年に直政は他界した[20]
  • 生前の直政の働きは、家康が幕府を開くにあたっての一番の功労者であると江戸幕府編修の系譜集に記録されている。「国初佐命の功臣第一とよばれしはこの人なりき」(『徳川実紀』)、「天下の大戦にしばしば先鋒の将として勝利を得しこと、誠に開国の元勲なり」(『寛政重修諸家譜』)。

井伊の赤備え[編集]

天正10年(1582年)の後北条氏との講和によって、武田氏の旧臣達約120人と家康の旗本の一部が配属されたことから始まる。この時、直政は兜や鎧を始めとする戦で使用する全ての装備品を赤色で統一させた。これはかつて武田の赤備えの将であった山県昌景の意志を継ぐという意味もあったが、その他に赤色だと目立ちやすく、戦の最中にどこに自分の部下達がいるのかが一目で分かるという意味もあった。初陣の小牧・長久手の戦いでは大いに活躍し、徳川・織田連合軍の約10倍近くの兵を有していた羽柴軍の総大将である羽柴秀吉(後の豊臣秀吉)やその配下の武将達もこの井伊の赤備えには大変手こずったという。この頃から井伊の赤備えは、「戦国屈指の精鋭部隊」または、「徳川家臣団最強の部隊」と見なされ、諸大名に恐れられるようになる。以後、井伊氏の軍装は幕末まで赤備えを基本とされた。

子孫[編集]

家督は長男の井伊直継(後の直勝)が継いだが、直継は井伊家の部隊を率いる能力がなかったことから(表向きは病弱とされた)、家康の直命により、直継は分家して安中藩主となり、直勝の弟・井伊直孝が直政の家督を継ぐこととなり、直孝の子孫が彦根藩主を継承することとなる。改名した直勝の子孫は安中藩主→西尾藩主→掛川藩主→与板藩主として存続した。

直政の死後、佐和山城を廃して彦根城を築き、大坂の陣の後に5万石ずつ加増されて30万石の大大名となった直政の子孫は、譜代大名の筆頭として幕政に重きをなし、江戸時代264年間を通じて井伊直弼など4名の大老を輩出した(直孝・直澄が大老と呼べるかどうかは諸説ある)。しかし、直弼が安政7年(1860年)の桜田門外の変で暗殺された後、10万石の減封を受け、徳川氏から冷遇されるようになった。

その後、第二次長州征伐では彦根藩510人が赤備えを率いて出陣したが、鎧が夜間でも目立つことが却って仇となり、遊撃隊に狙撃され、鎧を脱ぎ捨てて壊走するほどの大敗を喫したと言う。鹵獲した武具について石川小五郎に「何分甲冑夥しき事数知れず、火砲も十余挺隊中へ奪ひ候、 中ニもアメリカホード拾弐封度弐挺此分ハ余程の名砲乍併ライフルニ而ハ無之候、小銃ハ少く、偶これ有り候もヤーグル又は倭筒にカンを付け候様の物にて無用の品のみ、それ故戦争中にも小銃せり合は余程容易に候得共、大砲は思ひの外能く打ち候様相考えられ」と酷評されている。戊辰戦争では鳥羽・伏見の戦いで旧幕府軍の先鋒を務めたが、戦闘の最中に新政府軍に寝返った。この時、井伊隊に属していた兵の全員が井伊氏の象徴とも言える井伊の赤備えの兜や鎧を始めとする全ての装備品を脱ぎ捨てたという。明治時代になると、伯爵となり、華族に列した。

家臣[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 天正16年(1588年)4月14日(旧暦)の後陽成天皇聚楽第行幸に先立ち、これに伺候する徳川家康の家臣・井伊直政、同・大沢基宥にも侍従職が任ぜられた。→『徳川実紀 巻三』67-68頁、「聚楽第行幸記」(『続群書類従 第三輯・巻第四十一』608頁)
  2. ^ 『寛永諸家系図伝』以来、江戸時代の井伊氏系図類では、初代共保から17代目に直政をかぞえる。幕末に国学者長野義言が作成した「訂正井家御系図案」で、南北朝期の人物ら7名を追加して、直政を24代とした。
  3. ^ 享保15年 龍潭寺祖山著「井伊家伝記」
  4. ^ 村川浩平「天正・文禄・慶長期、武家叙任と豊臣姓下賜の事例」(『駒沢史学』80号、2013年)
  5. ^ 小牧・長久手の戦いの後、京家の人々が直政を赤鬼と名付けたという。→下記参考文献、『新編 藩翰譜 第一巻』458頁。
  6. ^ 同年2月27日付で修理大夫に任官された(藤原姓)。彦根城博物館所蔵「彦根藩古文書」。村川浩平「天正・文禄・慶長期、武家叙任と豊臣姓下賜の事例」(『駒沢史学』80号、2013年)
  7. ^ 彦根城博物館所蔵「彦根藩古文書」。ただし、後世の写しであり、正確性に欠く。
  8. ^ 桐野作人「徳川四天王・井伊直政」『さくま人国誌』。
  9. ^ 『聚楽行幸記』。村川浩平「天正・文禄・慶長期、武家叙任と豊臣姓下賜の事例」(『駒沢史学』80号、2013年)
  10. ^ 「徳川家康の家中序列構想―徳川一門衆としての井伊直政―」(「彦根城博物館だより」111、2015年)
  11. ^ 笠谷和比古『関ヶ原合戦と近世の国制』(思文閣出版、2000年)69頁-73頁
  12. ^ 野田浩子「徳川家康天下掌握過程における井伊直政の役割」(『彦根城博物館研究紀要』18号、2007年)。典拠史料は「井伊直政書状写」(『鈴木文書』(東京大学史料編纂所所蔵影写本))
  13. ^ 野田浩子「徳川家康天下掌握過程における井伊直政の役割」(『彦根城博物館研究紀要』18号、2007年)。典拠史料は「真田家武功口上之覚」(『真田家文書』中巻、1982年)
  14. ^ 「井伊家譜」。村川浩平「天正・文禄・慶長期、武家叙任と豊臣姓下賜の事例」(『駒沢史学』80号、2013年)
  15. ^ 井伊達夫『井伊軍志(新装版)』(宮帯出版社、2007年)107頁
  16. ^ 湯浅常山 原著・湯浅元禎 編 『常山紀談』〈日本名著文庫〉、聚栄堂、1921年、国会図書館東京本館蔵、請求番号:YD5-H特103-89
  17. ^ なかむら たつお 「井伊直政」『徳川四天王』〈歴史群像シリーズ22〉 学習研究社、1991年、126頁
  18. ^ なかむら たつお 「井伊直政」『徳川四天王』〈歴史群像シリーズ22〉 学習研究社、1991年、122頁
  19. ^ 小宮山敏和「井伊直政家臣団の形成と徳川家中での地位」(初出:『学習院史学』40号(2002年)/所収:小宮山『譜代大名の創出と幕藩体制』(吉川弘文館、2015年) ISBN 978-4-642-03468-5)なお、小宮山は別の論文で榊原氏庶流の出身であった榊原康政にも類似性を見出している。
  20. ^ 下記参考文献『藩翰譜 第一巻』466頁。

参考文献[編集]

  • 井伊達夫『井伊軍志』(彦根藩史料研究普及会、1988年6月)
  • 井伊達夫『井伊家歴代甲冑と創業軍史』』(宮帯出版社1997年8月)
  • 井伊達夫『剣と鎧と歴史と』(京都戦陣武具資料館、1999年)
  • 高野澄『井伊直政-逆境から這い上がった男』(PHP研究所1999年12月)
  • 羽生道英『井伊直政-家康第一の功臣』(光文社2004年10月)
  • 池内昭一『天下取りの知恵袋-井伊直政』(業文社、1995年11月)
  • 中村元麻呂・中村不能斎『井伊直政・直孝』(彦根史談会、1951年
  • 「井の国千年物語」編集委員会『井伊氏とあゆむ 井の国千年物語』(引佐町教育委員会、2005年3月)
  • 井伊達夫『赤備え』(宮帯出版社、2007年5月)
  • 井伊達夫『井伊軍志』(新装版)(宮帯出版社、2007年6月)
  • 内藤耻叟 校訂 『徳川実紀』 徳川実紀出版事務、1897年(国会図書館東京本館蔵、請求記号:YDM1958)
  • 徳沢邦雄 編 『群書類従』 続群書類従完成会、1960年5月(国会図書館蔵、G95-H(t))
  • 新井白石 原著 『新編 藩翰譜 第一巻』(人物往来社、1967年)
  • 笠谷和比古『関ヶ原合戦と近世の国制』(思文閣出版、2000年)
  • 朝尾直弘編『彦根城博物館叢書5 譜代大名井伊家の儀礼』(サンライズ出版、2004年)
  • 彦根城博物館編『戦国から泰平の世へ―井伊直政から直孝の時代―』(2007年10月)

井伊直政が登場する主な作品[編集]

小説
テレビドラマ


ゲーム

 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]