井伊直惟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
 
井伊 直惟
Ii Naonobu.jpg
時代 江戸時代中期
生誕 元禄13年5月1日1700年6月17日
死没 元文元年6月4日1736年7月12日
改名 金蔵(幼名)
戒名 泰源院海印指光
墓所 滋賀県彦根市の清涼寺
官位 左少将掃部頭
幕府 江戸幕府
主君 徳川家継吉宗
近江彦根藩
氏族 井伊氏
父母 父:井伊直興、母:田山氏
兄弟 直通直恒直矩直惟直定
正室蜂須賀綱矩の娘
側室:梅原氏
直禔(次男)、直幸(3男)、娘(阿部正允正室)、娘(藤井松平忠順正室)、娘(印具咸重室)、娘(木俣守融室)
養子直定

井伊 直惟(いい なおのぶ)は、近江彦根藩の第8代藩主(9代藩主、7代当主という数え方もある→参照 彦根藩。)

家系[編集]

第4代主・井伊直興の13男。母は田山氏。井伊直通、直恒、直矩の弟。直定の兄。正室は蜂須賀綱矩の娘。側室は梅原氏。

子に直禔(次男)、直幸(3男)、娘(阿部正允正室)、娘(藤井松平忠順正室)、娘(印具咸重室)、娘(木俣守融室)。幼名は金蔵。官位は左少将、掃部頭。

生涯[編集]

父・直興は直惟の誕生後まもなく隠居したが、家督を継いだ直惟の2人の兄・直通と直恒が次々と早世したため、直興(直該と改名)が再度藩主になった。正徳4年(1714年)2月15日に直惟が15歳まで成長したため直該は再び隠居し、直惟が藩主となった。質素倹約を推進し、武芸奨励と市井の視察を兼ねて大規模な鷹狩りを好んで行なった。また文化にも造詣が深く、絵画や詩文を残し、寺社への寄進も積極的に行っている(近江永源寺の能舞台など)。彦根城の石垣の改修も成された。

8代将軍徳川吉宗の世子・徳川家重の加冠の役を務めたが、病身を理由に一度は固辞しようとしている。兄達同様生来病弱であり、享保20年(1735年)5月9日に病気療養を理由に家督を弟の直定に譲り、江戸を去った。そして翌年6月4日、37歳で死去した。

経歴[編集]

※日付=旧暦

  • 1700年(元禄13年)5月1日、生まれる。
  • 1714年(正徳4年)2月15日、家督相続し、藩主となる。
  • 1735年(享保20年)5月9日、隠居。
  • 1736年(元文元年)6月4日、卒去(享年37)。