松平忠順

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
松平忠順
時代 江戸時代中期
生誕 享保11年11月22日1726年12月15日
死没 天明3年2月8日1783年3月10日
別名 新十郎(幼名)
諡号 鳳斎
戒名 大量院殿智海徳真大居士
墓所 東京都港区虎ノ門の天徳寺
官位 従五位下、内膳正、伊賀
幕府 江戸幕府奏者番寺社奉行若年寄
信濃上田藩主
氏族 松平氏藤井松平家
父母 父:松平忠愛、母:杉浦氏
兄弟 忠順忠方信敏忠成信交亀次郎忠亮忠寄
正室:井伊直定の養女(井伊直惟の娘)
側室:波多氏、手塚氏、森田氏、八木氏
忠済為三郎忠脩池田輝名、娘(岡部重則室)、娘(戸田忠翰正室)

松平 忠順(まつだいら ただより)は、信濃上田藩の第3代藩主。江戸幕府奏者番寺社奉行若年寄。伊賀守系藤井松平家5代。

生涯[編集]

享保11年(1726年)11月22日、第2代藩主・松平忠愛の長男として江戸で生まれる。

寛保元年(1741年)に従五位下・内膳正に叙位・任官する。寛延2年(1749年)8月2日、父の隠居家督を譲られ、伊賀守に遷任する。

父と違って有能で、儒学を基礎とした積極的な藩政刷新を目指したが、父の時代にすでに藩財政は破綻していたため、宝暦3年(1753年)に半知上納を行ない、宝暦9年(1759年)に倹約令を出している。しかし民政においては、かなり質の悪い役人が取り仕切って年貢増徴を行なっていたため、宝暦11年(1761年)12月に百姓一揆(上田騒動)が起こり、藩は百姓の年貢減免・役人罷免要求を認めざるを得なくなった。

宝暦13年(1763年)に奏者番に任じられ、明和元年(1764年)に寺社奉行、安永4年(1775年)に若年寄上席などを歴任した。天明3年(1783年)2月8日、江戸で死去した。享年58。跡を長男の忠済が継いだ。

子女[編集]

長男・忠済家督を継ぎ、五男・池田輝名は6000石を領する大身旗本池田喜生の養子となったが、家督相続前に早世した。他家に嫁いだ娘は2人いる。