松平忠済

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
松平忠済
時代 江戸時代中期 - 後期
生誕 寛延4年8月24日1751年10月13日
死没 文政11年7月26日1828年9月5日
改名 幸之助(幼名)、忠済
墓所 東京都港区虎ノ門の天徳寺
官位 従五位下、左衛門佐、伊賀
幕府 江戸幕府
信濃国上田藩
氏族 松平氏藤井松平家
父母 父:松平忠順、母:山本氏
兄弟 忠済、為三郎、忠脩池田輝名
正室:松平武元の娘
側室:木村氏、小林氏、磯氏、吉野氏
忠英忠和、娘(丹羽氏昭正室)、光柏院(松平忠学正室)、娘(岡部長慎正室)、
娘(永井尚監正室)、娘(相馬樹胤正室)、
娘(柳生俊睦正室)、娘(松平忠徳正室)
養子:忠学

松平 忠済(まつだいら ただまさ)は、信濃上田藩の第4代藩主。伊賀守系藤井松平家6代。

生涯[編集]

寛延4年(1751年)8月24日、第3代藩主・松平忠順の長男として上田で生まれる。

天明3年(1783年)、父の死去により家督を継ぐ。幕命による普請手伝いや桜田御門番、西の丸大手門番などを歴任したため、藩財政が悪化した。明和6年(1769年)に従五位下・左衛門佐に叙位・任官する。武芸を奨励し、武芸稽古所を創設した。

長男・忠英が早世すると、晩年には家督相続をめぐっての争いが起こり、忠済は分家の忠学養子として迎え、文化9年(1812年)5月6日に家督を忠学に譲って隠居した。文政11年(1828年)7月26日に江戸で死去した。享年78。

子女[編集]

長男・忠英は嫡子だったが、家督相続前に21歳で死去した。四男・忠和は5代藩主・忠学の養子となったものの、これも23歳で早世し、伊賀守系藤井松平家の嫡流は絶えた。次女が忠学の正室となり、他家に嫁いだ娘は6人いる。