丹羽氏昭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
丹羽 氏昭
時代 江戸時代後期
生誕 天明3年7月24日1783年8月21日
死没 文政10年9月2日1827年10月22日
別名 勘助(幼名)
戒名 天徳院殿松嶽現龍大居士
官位 従五位下、式部少輔
播磨三草藩
氏族 丹羽氏一色氏
父母 父:丹羽氏福、母:細川興文の娘
兄弟 氏昭細川興祥氏充
森川俊朝小出英武野々山兼養
大道寺氏元戸田直智伊東祐直
石合清敦
正室:松平忠済の娘
氏賢(長男)、氏謙(次男)

丹羽 氏昭(にわ うじてる)は、江戸時代後期の大名播磨三草藩の第4代藩主。氏次系丹羽家10代。

天明3年(1783年)7月24日、第3代藩主丹羽氏福の長男として生まれる。寛政8年(1796年)2月6日、父の隠居で家督を継ぐ。寛政10年(1798年)10月1日に将軍徳川家斉に拝謁、12月16日に叙任する。

享和元年(1801年)4月、日光祭礼奉行を命じられる。文化元年(1804年)11月19日、大番頭に就任する。文化12年1月12日、伏見奉行に就任する。文政2年8月8日、奏者番に就任する。文政10年(1827年)9月2日、父に先立って死去した。享年45。跡を長男の氏賢が継いだ。墓所は東京都港区西麻布の長谷寺。