細川興文

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
細川 興文
Hosokawa Okinori.jpg
細川興文(月翁)像
時代 江戸時代中期
生誕 享保8年9月13日1723年10月11日
死没 天明5年7月5日1785年8月9日
改名 哲之助(幼名)。興周(初名)。
官位 従五位下、中務少輔
幕府 江戸幕府
主君 徳川吉宗家重家治
肥後宇土藩
氏族 肥後細川氏
父母 父:細川興生
母:竹間氏(妙禅院)
養父:細川興里
兄弟 興里興道興文、なを(娘 京極高永正室/京極高永死後は梅寿院に改めた)[1]、名は不明(娘 柳沢保卓正室)。
正室八条隆英櫛笥賀子の弟)の娘
側室:雨森氏、長照院
興武(長男)、立礼(斉茲)(三男)、孝応(四男)、総彬(五男、妻は石川総候の娘)、謡台院(細川治年正室)、冬菊(丹羽氏福正室)

細川 興文(ほそかわ おきのり)は、肥後国宇土藩の第5代藩主

生涯[編集]

第3代主・細川興生の3男。母は竹間氏(妙禅院)。官位は従五位下、中務少輔。幼名は哲之助。初名は興周(おきちか)。

延享2年(1745年)、嗣子の無かった兄・興里の養嗣子となり、同年の兄の死去により家督を継いだ。この頃、宇土藩でも財政窮乏化が進んでいたが、興文は本家の細川重賢と協力して藩政改革に取り組んだ。興文はなどの栽培を奨励し、儒学者の江口恵次郎を招聘して藩校温知館を創設する。さらに茶道においても小堀長順を招聘して学ぶなど、殖産興業政策や教育制度の確立に尽力した。明和9年(1772年)正月25日、病により家督を三男・立礼に譲って隠居し、月翁と号した。天明5年(1785年)7月5日、63歳で死去した。

文化人としても優れており、隠居した翌年には蕉夢庵を建築し、茶道書である『平置諸品集』や歌集である『桂源遺稿』、『自家便覧』など多くの著作を残している。

脚注[編集]

  1. ^ “よみがえる江戸の彩 日本最古の押花展”. 豊岡市立出土文化財管理センター. (2006年). http://www3.city.toyooka.lg.jp/debun/060511hana1/html/tenji04.html