丹羽氏福

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
丹羽 氏福
時代 江戸時代中期から後期
生誕 宝暦12年(1762年
死没 天保14年閏9月21日1843年11月12日
別名 亀五郎、勘助(幼名)、勝道(別名)
戒名 天覚院殿嶺月松山大居士
官位 従五位下、長門守、越中守、和泉守、
式部少輔
播磨三草藩
氏族 巨勢氏丹羽氏一色氏
父母 父:巨勢利永、母:久世広武の娘
養父:丹羽氏栄
正室:細川興文の娘
氏昭(長男)、細川興祥(次男)、
氏充(三男)、森川俊朝(四男)、
小出英武(五男)、野々山兼養(六男)、
大道寺氏元(七男)、戸田直智(八男)、
伊東祐直(九男)、石合清敦(十男)、
娘(朽木大綱正室)、
娘(松平忠侯養女のち松平忠養養女)

丹羽 氏福(にわ うじよし)は、江戸時代中期から後期の大名播磨三草藩の第3代藩主。氏次系丹羽家9代。

宝暦12年(1762年)、初代藩主丹羽薫氏の三男巨勢利永の次男として生まれる。第2代藩主の氏栄とは従兄弟に当たり、明和元年(1764年)8月8日に氏栄の養子となる。明和8年(1771年)7月9日、氏栄の死去により跡を継いだ。安永6年5月15日、将軍徳川家治に拝謁する。安永9年(1780年)12月18日、従五位下、長門守に叙任する。

天明2年(1782年)4月、日光祭礼奉行を命じられる。天明5年4月、日光祭礼奉行を再び命じられる。寛政元年(1789年)12月27日に大番頭となる。

寛政8年(1796年)2月6日、長男の氏昭に家督を譲って隠居し、勝道と名を改めた。寛政13年1月21日、総髪の許可を得て、閑斎と称する。天保14年(1843年)閏9月21日に死去した。享年82。墓所は東京都港区西麻布の長谷寺。