松平忠祇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。
 
松平忠祇
時代 江戸時代中期 - 後期
生誕 元文2年(1737年)または元文3年11月11日1738年12月21日)とも
死没 享和元年9月14日1801年10月21日
改名 吉十郎(幼名)→忠祇
墓所 愛知県額田郡幸田町深溝の本光寺
官位 従五位下主殿頭大炊頭
幕府 江戸幕府
主君 徳川家重家治
肥前島原藩主→下野宇都宮藩
氏族 深溝松平家
父母 父:松平忠刻、母:土屋陳直
兄弟 忠祇忠恕忠孝巨勢忠睦
養兄弟:松平勝尹土井利信
正室:堀田正亮
土岐頼布正室
養子:忠恕
テンプレートを表示

松平 忠祇(まつだいら ただまさ)は、江戸時代中期の大名肥前国島原藩5代藩主、のち下野国宇都宮藩初代藩主。島原藩深溝松平家6代。官位従五位下主殿頭大炊頭

略歴[編集]

元文2年(1737年)、島原藩主・松平忠刻の長男として誕生。寛延2年(1749年)4月に父が死去したため[1]、7月13日に家督を継いだ。しかし直後の7月23日、幕命により下野宇都宮に移封となった[1]宝暦元年(1751年)12月28日に従五位下・主殿頭に叙位・任官する。宇都宮藩内では忠祇の出した命令が原因で宝暦3年(1753年)9月13日に籾摺騒動が発生した。

宝暦12年(1762年)9月、病気を理由に弟で養子・忠恕に家督を譲って隠居する[1]。12月18日に大炊頭に遷任する。

安永4年(1775年)になって、松平家は再び島原に復帰している。享和元年(1801年)9月14日に死去した。享年65。

脚注[編集]

注釈[編集]

引用元[編集]

  1. ^ a b c 坂本『シリーズ藩物語、宇都宮藩・高徳藩』、P66

参考文献[編集]