松平忠和 (上田藩嫡子)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松平 忠和(まつだいら ただかず、寛政3年(1791年) - 文政11年4月10日1828年5月23日))は、信濃上田藩の嫡子。官位は左衛門佐。

4代藩主・藤井松平忠済の四男として生まれる。正室は秋田孝季の娘。長兄・忠英が夭逝した後の嫡子をめぐり、御家騒動となったため、父・忠済の跡は分家からの養子・忠学が継いだ。

忠和は忠学の養子となったが、文政11年(1828年)、家督を継ぐことなく早世した。代わって、播磨国姫路藩酒井家から忠固が養子に迎えられた。