松平忠学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
松平忠学
時代 江戸時代後期
生誕 天明8年7月19日1788年8月20日
死没 嘉永4年7月10日1851年8月6日
改名 栄次郎(幼名)、忠学
別名 左近(通称)
諡号 松翁
戒名 大信院殿奥智徳松翁大居士
墓所 東京都港区虎ノ門の天徳寺
官位 従五位下、伊賀守、内蔵頭
幕府 江戸幕府
信濃国上田藩
氏族 松平氏藤井松平家
父母 父:松平忠明、母:松平忠常の娘
養父:松平忠済
正室:松平忠済の娘・光柏院
側室:林氏、佐田氏
養子:忠和忠優
養女(松平忠優室)、養女(井上正春室)

松平 忠学(まつだいら たださと)は、信濃上田藩の第5代藩主。

生涯[編集]

天明8年(1788年)7月19日、上田藩主家分家で信濃更級郡5000石(塩崎知行所)の大身旗本である松平信濃守忠明の次男として生まれる。第4代藩主・松平忠済の長男・忠英の早世から御家騒動が起こったため、宗家の上田藩から忠済の養子として迎えられる。文化9年(1812年)5月6日、養父・忠済の隠居により家督を相続し、従五位下・伊賀守に叙位・任官する。

紅葉山火の番、桜田御門番などを歴任した。文化10年(1813年)に藩校明倫堂を創設して文武を奨励している。

忠学は忠済の四男・忠和を養子としたが、忠和は夭逝する。このため文政13年(1830年)4月20日、代わって養子とした忠優(後の忠固)に家督を譲って隠居し、内蔵頭に遷任する。天保10年(1839年)10月に剃髪して松翁と号した。

嘉永4年(1851年)7月10日に死去した。享年64。