松平忠常

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
松平忠常
時代 江戸時代中期
生誕 延享4年(1747年
死没 寛政10年7月25日1798年9月5日
改名 忠常→常翁[1]
別名 英之助、與五郎[1]
幕府 江戸幕府旗本
主君 徳川家重家治
氏族 藤井松平家
父母 父:松平忠容、母:小川氏[1]
大島義里[1]
松平忠明
養子:忠明[1]
テンプレートを表示

松平 忠常(まつだいら ただつね)は、江戸時代中期の旗本

略歴[編集]

松平忠容の子として誕生した。

宝暦6年10月29日1756年11月21日)、10歳の時に家督を継ぐ[1]明和4年12月9日1768年1月28日徳川家治に拝謁し、仕える[1]天明5年8月11日1785年9月14日)致仕する[1]。致仕号は常翁[1]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h i 寛政重修諸家譜』巻第八