松平忠愛 (上田藩主)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
松平忠愛
時代 江戸時代中期
生誕 元禄14年9月13日1701年10月14日
死没 宝暦8年3月6日1758年4月13日
改名 新十郎・吉六(幼名)、忠殷(初名)→忠愛
別名 忠弘(別名)
戒名 歓良院殿泰厳哲道大居士
墓所 東京都港区虎ノ門の天徳寺
官位 従五位下、左衛門佐、伊賀守、大内記
幕府 江戸幕府
信濃国上田藩
氏族 松平氏藤井松平家
父母 父:松平忠周
母:米倉昌明の養女(鈴木助之進の娘)
兄弟 忠愛鉄次郎忠容藤井忠陣藤井忠弘
正室:本多忠能の娘・蓮球院
側室:井越氏、杉浦氏、寺島氏、植村氏、大塚氏、松村氏、丑場氏、成瀬氏など
忠順忠方信敏藤井忠成信交亀次郎
忠亮忠寄、娘(藤井忠徹室)、
娘(板倉勝暁継室)、娘(広橋兼胤養女)、
娘(竹屋中癖室)、娘(向坂政興室)、
娘(木村盛祥室)、娘(久松定相室)、
娘(木村盛祥室)

松平 忠愛(まつだいら ただざね)は、信濃上田藩の第2代藩主。伊賀守系藤井松平家4代。

生涯[編集]

元禄14年(1701年)9月13日、信濃上田藩初代藩主・松平忠周の三男として生まれる。初名は忠殷(ただしげ)。母は米倉昌明の養女。正室は本多忠能の娘。

正徳4年(1714年)に従五位下・左衛門佐に叙位・任官する。享保13年(1728年)、父の死去により家督を継ぎ、名も忠愛と改めた。このとき、父の遺言で弟の忠容に川中島5000石(塩崎知行所)を分知したため、上田藩は5万3000石となった。

しかし父と違って暗愚だった上、享保15年(1730年)には上田城大火や藩主居館が全焼し、寛保2年(1742年)には水害を被るなどの災害を受けて、幕府から5000石を借り受けて救済に務めた。ところが藩財政再建のため、元文5年(1740年)に検見法から定免法に税制を改正して重税を取り立てたり、茶屋遊びに溺れて藩政を顧みなかったりしている。

寛延2年(1749年)8月2日、家督を長男の忠順に譲って隠居し、大内記忠弘(ただひろ)と改名する。宝暦8年(1758年)3月6日、江戸で死去した。享年58。

子女[編集]

正室の本多氏は、どうやら入嫁前に亡くなったようで、そのため忠愛は生涯継室を迎えなかったと言う。ただし側室は15人おり、27人の子女を儲けたと言う。

そのうち、長男・忠順家督を継ぎ、次男・忠方は早世した。三男・信敏は分家の旗本5000石を継ぎ、四男、五男は夭逝した。六男・忠成は藤井姓を称し、七男・信交は兄・信敏の養子となって旗本家を継いだ。他家に嫁いだ娘は8人いる。