板倉勝暁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
板倉 勝暁
時代 江戸時代中期 - 後期
生誕 享保12年(1727年
死没 寛政4年7月28日1792年9月14日
別名 百助
戒名 瑞円院寂厳源運
墓所 愛知県西尾市貝吹町の長円寺
官位 従五位下、従四位下、伊勢守、肥前
幕府 江戸幕府
上野国安中藩
氏族 板倉氏
父母 父:板倉勝清、母:板倉重冬の娘
兄弟 板倉勝暁北条氏興内藤正久本堂親房
板倉勝矩板倉勝意
正室:戸沢正庸の娘、継室:松平忠愛の娘
1男1女(娘:本多忠誠の正室)
養子:勝意

板倉 勝暁(いたくら かつとし)は、上野安中藩の第2代藩主。の読みは「かつとき」とも言われる。重形系板倉家4代。

享保12年(1727年)、または享保13年(1728年)8月28日に、初代藩主・板倉勝清(当時は泉藩主)の長男として陸奥泉にて生まれた。安永9年(1780年)、父の死去により跡を継ぎ、天明3年(1783年)9月に奏者衆となる。天明4年(1784年)に長男が早世したため、弟の勝意を世子として迎えた。寛政4年(1792年)7月28日(または8月12日)に死去した。享年66。跡を勝意が継いだ。