仙石政俊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
仙石 政俊
時代 江戸時代前期
生誕 元和3年7月9日1617年8月10日
死没 延宝2年7月24日1674年8月25日
改名 兵介(幼名)→政俊→直政→道休(法号)
戒名 松翁院殿謙誉道休大居士
墓所 長野県上田市諏訪部の芳泉寺
官位 従五位下、越前
幕府 江戸幕府下館城在番・大坂城加番
主君 徳川家光家綱
信濃上田藩
氏族 仙石氏
父母 父:仙石忠政、母:小堀政徳の娘
兄弟 姉(桑山一玄室)、政俊政則政勝、妹(水野勝忠室)
正室水谷勝隆の娘
忠俊
養子:養女水野勝直室)、政明

仙石 政俊(せんごく まさとし)は、信濃上田藩の第2代藩主出石藩仙石家3代。

生涯[編集]

元和3年(1617年)7月9日、小諸藩の第2代主・仙石忠政の長男として小諸で生まれた。寛永5年(1628年)、父の死去により家督を継いで第2代上田藩主となり、寛永11年(1634年)に従五位下・越前守に叙位・任官する。

常陸下館城在番や大坂城加番を務め、慶安3年(1650年)には検地を行なって石直しに務めるなどして藩政の基礎を固めた。寛文7年(1667年)に嫡男の忠俊が早世したため、忠俊の長男で嫡孫の政明を養子に迎え、寛文9年(1669年)2月25日に家督を政明に譲って隠居した。その際、弟の政勝小県郡2000石(矢沢知行所)を分知し、上田藩の石高は5万8000石となった。隠居後上田城外の諏訪部に住み、直政と改名した。のち剃髪し道休と号する。

延宝2年(1674年)2月25日に死去した。享年58。隠居地諏訪部の芳泉寺に葬られた。