仙石氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
仙石氏
家紋
無の字
永楽銭
本姓 藤原北家利仁流後藤氏?
清和源氏土岐氏流
種別 武家
華族子爵
出身地 美濃国山県郡中村千石谷[1]
主な根拠地 美濃国山県郡中村千石谷
但馬国
著名な人物 仙石秀久
仙石久尚
仙石久寿
支流、分家 仙石氏(分家)が 2家あり。(武家
凡例 / Category:日本の氏族

仙石氏(せんごくし)は、日本氏族のひとつ。美濃国豪族出身。清和源氏頼光流土岐流を称した。

歴史[編集]

藤原北家利仁流美濃前田氏に属する後藤氏の一族後藤則明を祖とし、千石氏とも呼ばれた。仙石基秀の代に甥である仙石久重が娘婿として家督を引き継いだが、久重は母方が清和源氏摂津源氏頼光流土岐氏美濃源氏)一族の娘であり、以降は土岐氏一門と称した。久重の孫となる仙石久盛の代までは土岐氏およびこれを滅ぼした斎藤氏に仕える豪族であった。

仙石氏の中興の祖である仙石秀久(久盛の子)は、はじめ美濃斎藤氏に仕えたが、斎藤氏が織田信長に滅ぼされると織田氏に仕官した。信長配下の羽柴秀吉に仕えて立身を重ね、1583年に淡路国5万石を領有し、1585年には四国征伐で軍功を上げて讃岐国高松10万石を与えられるまでになった。1586年九州征伐の前哨戦である戸次川の戦いに敗れて高野山に追放されるも、1590年小田原征伐の功績で秀吉より許しを受けて信濃国小諸5万石の大名として復帰、伏見城築城の功績でさらに5万7000石に加増された。1600年関ヶ原の戦いでは東軍に付き、大阪の陣を経て信濃国小諸藩を立藩した。秀久の代に仙石氏は徳川氏の信頼を得て、小諸藩外様ながら願譜代として扱われた。また七男の仙石久隆は幕府の旗本に取り立てられたが、この旗本仙石家は大目付となった仙石久尚によって知られている。

江戸時代の仙石氏の所領は信濃国小諸藩から同国上田藩に転封され、次いで但馬国出石藩に移封された。幕末に入ると藩政をめぐって家中の対立が江戸幕府まで巻き込む大騒動となり(仙石騒動)、取り潰しは免れたものの5万8千石から3万石への減封となった。明治維新では最後の藩主仙石政固が新政府軍に助力して出石藩知事となり、廃藩置県後は華族として子爵の爵位を与えられた。

庶流に旗本の仙石因幡守家、加賀藩に仕えた仙石内匠家がある。

歴代[編集]

  1. 仙石秀久
  2. 仙石忠政
  3. 仙石政俊
  4. 仙石政明
  5. 仙石政房
  6. 仙石政辰
  7. 仙石久行
  8. 仙石久道
  9. 仙石政美
  10. 仙石久利
  11. 仙石政固

系図[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 岐阜県岐阜市千石町 ?
  2. ^ 本家相続
  3. ^ 式部家の政治の子
  4. ^ 本家相続
  5. ^ 旗本1千石家 仙石久尚養子
  6. ^ 先々代の政春の子
  7. ^ 水野忠祇
  8. ^ 安部信厚
  9. ^ 本家相続
  10. ^ 市橋長能
  11. ^ 久友の子
  12. ^ 仙石騒動」当事者の一人
  13. ^ 仙石騒動」当事者の一人
  14. ^ 先代の政泰の弟
  15. ^ 稲葉正益
  16. ^ 本家の久通の子
  17. ^ 間部詮茂
  18. ^ 父に連座し、八丈島遠島処分。
  19. ^ 本家相続
  20. ^ 弥三郎。「仙石騒動」当事者の一人。室は摂津三田藩九鬼隆国の娘。
  21. ^ 仙石本家相続

参考文献[編集]

系譜参考

外部リンク[編集]