仙石政固

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
仙石政固
Masakata Sengoku.jpg
時代 江戸時代末期(幕末) - 大正時代
生誕 天保14年12月15日1844年6月22日
死没 大正6年(1917年10月23日
改名 鋭雄(幼名)→政固
墓所 東京都文京区白山の大乗寺
官位 従五位下、越前守、従二位子爵
但馬国出石藩知藩事
氏族 土岐氏仙石氏
父母 父:土岐政賢、母:安子
養父:仙石久利
正室:峯子木下俊敦の娘)
政敬諏訪忠久

仙石 政固(せんごく まさかた)は、但馬出石藩の第8代(最後の)知藩事。出石藩仙石家11代。

生涯[編集]

天保14年(1843年)12月15日、第5代藩主・仙石久道の六男で第7代藩主・仙石久利の兄である土岐政賢の長男として出石で生まれる。父政賢は第6代藩主・仙石政美が嗣子無く死去して仙石騒動が起こったとき、本来なら跡を継ぐ資格を持っていたが、病弱なために弟の久利が家督を継いだ。しかし久利にも嗣子が無かったため、甥の政固が早くから久利の世子として指名されていた。

幕末期には久利と協力して藩政を行ない、仙石騒動後に藩政を牛耳っていた堀新九郎文久2年(1862年)12月には切腹に追い込んでいる。慶応元年(1865年)5月15日に久利の養嗣子となり、明治元年(1868年)4月には学校権判事に任じられた。明治3年(1870年)1月28日に久利が隠居したため、家督を継いで知藩事となる。

明治4年(1871年)7月14日、廃藩置県により知藩事を免官された。明治8年4月12日、明治天皇の侍従となる。明治12年9月13日、侍従を退任。明治17年7月8日、子爵となる。後に従二位まで昇り、明治23年7月10日、貴族院議員に選ばれた。

大正6年(1917年)10月23日に死去した。享年75。

栄典[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『官報』第5688号「叙任及辞令」1902年6月21日。
  2. ^ 『官報』第7272号「叙任及辞令」1907年9月23日。