小出英益

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
小出英益
時代 江戸時代前期
生誕 寛文7年2月26日1667年3月20日
死没 元禄5年10月10日1692年11月17日
改名 鶴松、英益
戒名 浮岳紹貞集雲院
墓所 東京都港区南麻布天真寺
官位 従五位下大和守
幕府 江戸幕府
主君 徳川綱吉
但馬出石藩
氏族 小出氏
父母 小出英安内藤頼長
兄弟 英益英道
安藤重博立花鑑虎
英長
テンプレートを表示

小出 英益(こいで ふさえき)は、江戸時代前期の大名但馬国出石藩7代藩主。官位従五位下大和守。出石藩小出家6代。

略歴[編集]

6代藩主小出英安の長男として誕生。幼名は鶴松。

元禄4年12月26日(1692年)に父が死去したため、翌年3月11日に家督を継いだ。しかし元禄5年(1692年)10月10日に26歳で死去した。死後、家督は養嗣子の英長が継いだ。法号は浮岳紹貞集雲院。墓所は東京都港区南麻布天真寺

系譜[編集]