小出吉政

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
小出吉政
Koide Yoshimasa-cropped.jpg
徳雲寺所蔵
時代 安土桃山時代 - 江戸時代前期
生誕 永禄8年(1565年
死没 慶長18年2月29日1613年4月19日
別名 小才次(通称
戒名 雲龍院乾堂元公居士
官位 従五位下信濃守、播磨守、大和守
幕府 江戸幕府
主君 豊臣秀吉秀頼
但馬出石藩主→和泉岸和田藩
氏族 小出氏
父母 父:小出秀政、母:栄松院[1]
兄弟 吉政秀家、日充[2]三尹重堅[3]秀清[4]
正室:長春院[5]伊東治明の娘)
娘(加藤貞泰継室)、吉英吉親吉景吉成、娘(松平忠明継室)
養子:木下俊定

小出 吉政(こいで よしまさ)は、安土桃山時代から江戸時代前期にかけての武将大名但馬出石藩主のち和泉岸和田藩2代藩主。出石藩小出家2代。

生涯[編集]

永禄8年(1565年)、尾張国愛知郡中村で生まれた。豊臣秀吉の生母大政所の妹、栄松院の夫、小出秀政(岸和田藩初代藩主)の長男。秀吉は従兄にあたる。秀吉に馬廻として仕えた。

天正18年(1590年)、小田原征伐に従軍した。

天正19年(1591年)、和泉の地で知行を与えられる。

文禄2年(1593年)、従五位下信濃守に叙任され、播磨国有子山城2万石の知行を与えられる。文禄3年(1594年)、伏見城普請を分担。同年6月播磨で2万石加増され、合計4万石の知行。

文禄4年(1595年)、但馬国有子山城6万石に移封される。秀政・吉政親子で合計9万石の知行。

慶長3年(1598年)8月、秀吉の死で国景(刀)を遺贈される。なお、秀吉が死の直前に記した『大坂御番之次第』と題する朱印状によると、吉政は大坂城の本丸裏御門および青屋口御門[6]の門番という要職を与えられていたことがわかる[7]

慶長5年(1600年)正月に長束正家増田長盛前田玄以三奉行[8]の連署で出された法度でも、吉政は片桐且元と2人で大坂城の破損・掃除等の保守責任者とされた[9]。他方でそれ以前に出された掟書では、豊臣秀頼の番衆の中には吉政は含まれていなかった[10]

同年の関ヶ原の戦いの時は父秀政と共に西軍に属し、大阪平野の野口・新堀を警備。細川幽斎が守る丹後国田辺城攻撃に参加したが、弟の秀家が東軍に属して関ヶ原本戦で活躍したため、戦後に6万石の所領を安堵された。

皮肉な事に慶長8年(1603年)に秀家が父に先立って病死し、翌年に秀政が死去すると、吉政は父の遺領である岸和田城3万石に移り、長男の吉英が出石を領することになった。

慶長18年(1613年)、大坂の陣の前年に49歳で死去した。法名は雲龍院乾堂元公居士。紀伊国高野山(奥の院)庫蔵院に葬られた。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 豊臣秀吉の生母大政所の妹。
  2. ^ 庶弟。僧となり、本圀寺栄松院の住職。
  3. ^ 庶弟。秀家養子。
  4. ^ 庶弟。吉政家来。
  5. ^ 長春院殿天室紹中大姉。
  6. ^ 大坂城の鬼門(北東門)に当たる裏門。山里丸から本丸裏御門を出て青屋口を通るルートは非常用通路の1つ。
  7. ^ 桑田忠親 『桑田忠親著作集 第7巻 (戦国の女性)』 秋田書店、1979年、78-79頁。 ASIN B000J8BBR4
  8. ^ この時、浅野長政は隠居して東国で謹慎し、石田三成は失職して佐和山蟄居となっていた。
  9. ^ 桑田 1979, p. 79.
  10. ^ 桑田 1979, p. 81.

参考文献[編集]