岡部長和

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
岡部長和肖像(泉光寺所蔵)

岡部 長和(おかべ ながより、文化4年7月3日1807年8月6日)- 嘉永3年9月24日1850年10月29日))は、和泉岸和田藩の第10代藩主。岸和田藩岡部家11代。

第9代藩主・岡部長慎の長男。母は側室と言われている。正室は中川久貴の娘。子に娘(牧野康済正室)。官位は従五位下、内膳正。

岸和田で生まれる。幼名は直吉、弥次郎。天保4年(1833年)11月24日、父の隠居で跡を継いだ。天保8年(1837年)の大塩平八郎の乱では、軍を出して大坂城の守備を務めた。藩政では倹約に努めている。天保14年(1843年)、奏者番となる。弘化4年(1847年)の孝明天皇の即位では献金して尽力している。嘉永3年(1850年)9月24日、44歳で死去した。実子が早くに死去していたため、実弟で養嗣子の長発が跡を継いだ。墓所は大阪府岸和田市の泉光寺。