小出秀政

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
小出秀政
時代 安土桃山時代 - 江戸時代初期
生誕 天文9年(1540年
死没 慶長9年3月22日1604年4月21日
別名 重政、通称:甚左衛門(尉)、小出播磨守
戒名 本光院陽雲日政大居士
墓所 本圀寺(京都市山科区)
官位 従五位下播磨守
幕府 江戸幕府
主君 豊臣秀吉秀頼徳川家康
和泉岸和田藩
氏族 小出氏
父母 父:小出政重
正室:栄松院大政所の妹)
吉政秀家、日充[1]三尹重堅[2]秀清[3]、娘(友松甚四郎室)

小出 秀政(こいで ひでまさ)は、安土桃山時代から江戸時代初期の武将大名豊臣秀頼の傅役の1人。和泉岸和田藩主。出石藩小出氏初代当主。

略歴[編集]

小出秀政出生地(愛知県名古屋市中村区中村

尾張国愛知郡中村に、織田氏の家臣小出政重(正重)の長男として生まれた。豊臣秀吉とは同郷で、正室は秀吉の母大政所の妹・栄松院であり、秀政は秀吉の叔父(叔母婿)にあたる。甥の立身に伴ってその家人となった。

天正10年(1582年)10月22日、播磨国姫路城の留守居とされた。

天正13年(1585年)、和泉岸和田城3万石の所領を与えられた。

慶長元年(1596年)、豊臣姓を下賜された。

慶長3年(1598年)3月、醍醐の花見のときに秀吉の正室高台院に随伴した。8月、秀頼の補佐を依頼され、片桐且元ら傅役5名の内の1人になった。秀吉の死により、金30枚を受領した。

秀吉より統治を委託された内府徳川家康と、五奉行石田三成との抗争が始まると、秀政は病を称して閑居した。

慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは、次男秀家を家康に付き従わせた一方で、長男吉政には西軍に与させた。秀政は大坂城留守居で秀頼と共にいたが、吉政が率いる小出勢は、東軍に与した細川幽斎の守る丹後国田辺城の攻撃に参加した。このため、本来ならば戦後に処罰されるはずであったが、秀家が東軍に属して関ヶ原本戦で活躍したため、所領を安堵された[4]

慶長9年に没す。享年65。法名は本光院陽雲日政大居士。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 庶子。僧となり、本圀寺栄松院の住職となった。
  2. ^ 庶子。秀家養子。
  3. ^ 庶子。吉政家来。
  4. ^ 秀家は父に先立って病没している。

参考文献[編集]