池田定保

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
池田定保
時代 江戸時代後期
生誕 文化2年7月29日1805年8月23日
死没 弘化4年7月17日1847年8月27日
改名 六丸・尚五郎(幼名)、定保
別名 兵部、式部、刑部(通称)
戒名 譲徳院義山全智
墓所 東京都墨田区弘福寺
官位 従五位下長門守
幕府 江戸幕府
主君 徳川家斉家慶
因幡若桜藩
氏族 池田氏(清定流)
父母 池田定常、柿沼氏
池田定興
兄弟 徽子、煕子、定興、奉姫、恵子、茄子、
恭之助、力三郎、千之丞、常久、昌子、
鎮子、定保定足、房子、奉子、松平露
岡部長慎
定位、静子、寛子ら
清直
テンプレートを表示

池田 定保(いけだ さだやす)は、因幡国若桜藩(鳥取西館新田藩)7代藩主。

略歴[編集]

文化2年(1805年)7月29日、第5代藩主であった池田定常の六男として鳥取で生まれる。定常は定保が生まれる前の享和2年(1802年)に隠居し、長男(定保の異母兄)の定興が第6代藩主となっていたが、定興が文化4年(1807年)11月3日に早世したため、定保がその養子として文化5年(1808年)2月4日に幼くして家督を継いだ。

江戸城御門番を勤めた後、文化11年(1814年)に二条城の大番頭に任じられた。文政5年(1822年)12月26日、従五位下・長門守に叙位・任官する。天保3年(1832年)に大坂城定番に任じられた。弘化4年(1847年)7月17日、江戸で死去した。享年43。跡を養子の清直が継いだ。

系譜[編集]