仙石久信

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

仙石 久信(せんごく ひさのぶ、寛永15年(1638年) - 元禄12年1月5日1699年2月4日))は、江戸時代前期の大身旗本。旗本仙石久邦(6,000石)の長男。大目付をつとめた仙石久尚の兄。正室は安部信盛の娘。子に久治、久豊。通称は右近、官位は従五位下、大和守・因幡守・壱岐守。

慶安元年はじめて将軍徳川家光に拝謁。天和元年(1681年)12月23日に父の遺領のうち5,000石の家督を相続。1,000石は弟仙石久尚に分け与えた。天和2年(1682年)3月5日に父の遺品尻懸則長の刀を献上。貞享元年(1684年)9月7日に小姓組番頭。12月25日に従五位下大和守に叙任する。貞享4年(1687年)6月13日に書院番頭、元禄元年(1688年)4月9日に留守居役に転じた。元禄5年(1692年)1月11日、側衆となり、元禄10年(1697年)2月14日、職を辞した。元禄12年(1699年)1月5日死去。家督は長男久治が次いだ。享年62。法名は常照。駒込の養源寺に眠る。

参考文献[編集]

関連項目[編集]