相馬樹胤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
相馬樹胤

相馬 樹胤(そうま むらたね、天明元年11月21日1782年1月4日) - 天保10年9月7日1839年10月13日))は、江戸時代後期の大名相馬氏第26代当主。陸奥相馬中村藩第10代藩主。第9代藩主・相馬祥胤の長男。養母は桜井松平忠告の娘。正室は藤井松平忠済の娘。子は、著胤(長男)、真胤(三男、後に養子に出て根来盛実に改名)、佐竹義祚(よしとし、五男、従兄弟佐竹義典の養子)、娘(朽木丈綱室)、娘(伊沢政義正室)、娘(戸田光韶正室)。官位は従五位下、豊前守。通称は内膳。

寛政7年(1795年)4月2日、父・祥胤の嫡子となる。寛政10年11月1日、将軍徳川家斉御目見する。同年12月16日、従五位下讃岐守に叙任する。享和元年(1801年)3月25日、祥胤の死去により、家督を相続した。同年4月23日、因幡守に遷任。文化10年(1813年)11月10日に隠居。長男・著胤が夭折しており、家督は弟・益胤が継いだ。文化11年(1801年[要検証]正月25日、豊前守に遷任。天保10年(1839年)に死去。