コンテンツにスキップ

相馬祥胤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
相馬 祥胤
相馬祥胤
時代 江戸時代中期-後期
生誕 明和2年6月3日1765年7月20日
死没 文化13年6月20日1816年7月14日
官位 従五位下因幡守
幕府 江戸幕府
主君 徳川家治家斉
相馬中村藩
氏族 相馬氏
父母 父:相馬恕胤、母:神戸氏
兄弟 信胤斉胤祥胤因胤肥胤佐竹義祇正室、織田信浮継室
正室:松平忠告の娘
樹胤定国仙胤益胤永胤相馬肥胤室、竹谷松平善長正室、伊東祐氏室、中西元道室、大久保忠列
テンプレートを表示

相馬 祥胤(そうま よしたね)は、江戸時代中期から後期の大名相馬氏第25代当主。陸奥相馬中村藩第9代藩主。第8代藩主・相馬恕胤の三男。官位は従五位下、因幡守。

経歴

[編集]

明和2年(1765年)の生まれであるが、年齢の上積みをはかり、幕府には宝暦11年(1761年)の誕生と届け出る。安永3年(1774年)8月9日、父・恕胤の嫡子となる。長兄の信胤が夭折、次兄の斉胤は病で嫡子を辞退したためである。安永6年4月1日、将軍徳川家治御目見した。安永7年12月16日、従五位下讃岐守に叙任。天明3年(1783年)12月2日、恕胤の隠居により、家督を相続した。

天明4年1月18日、因幡守に遷任。同年12月26日、天明の大飢饉に際し、藩内の領民救済のため、幕府に金子拝借を願い出て、5千両を貸し与えられる。ただし、飢饉への備えをしていなかったのは失政であるとして、出仕停止を命じられる。天明8年5月13日、5千両返済を延期を願い出て、出仕停止を命じられた。享和元年(1801年)3月25日に隠居し、家督は長男の樹胤が継いだ。同年4月23日、弾正少弼に転任。文化13年(1816年)に死去。

系譜

[編集]

父母

正室

側室

  • 於松殿
  • 近藤氏

子女

脚注

[編集]

注釈

[編集]
  1. ^ 菅沼定賢の養子

出典

[編集]


関連項目

[編集]