井伊直憲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
 
井伊直憲
Ii Naonori.jpg
時代 江戸時代末期 - 明治時代
生誕 嘉永元年4月20日[1][注 1]1848年5月22日
死没 明治35年1月9日[2] (1902-01-09) 1902年1月9日(53歳没))
改名 愛麿(幼名)→直憲
諡号 忠正公
墓所 豪徳寺東京都世田谷区
官位 従四位下掃部頭、従四位下侍従左近衛権少将従四位上左近衛権中将
(以下明治維新後)
幕府 江戸幕府
主君 徳川家茂慶喜
近江彦根藩
氏族 井伊氏
父母 父:井伊直弼、母:里和(西村本慶の娘)
兄弟 千代子直憲直咸直安直達、待子
先妻:糦宮宜子女王有栖川宮幟仁親王三女)
後妻:常子(鍋島直紀の娘)
直忠
井伊 直憲
いい なおのり
死没地 日本の旗 日本 東京府
称号 特旨正二位
勲一等瑞宝章
伯爵

日本の旗 貴族院議員
在任期間 1890年7月10日 - 1897年7月10日
テンプレートを表示

井伊 直憲(いい なおのり)は、江戸時代末期の大名で、近江国彦根藩第16代(最後)の藩主(17代藩主、14代当主という数え方もある。参照:彦根藩)。明治維新後に華族伯爵)となった。

安政の大獄で有名な大老井伊直弼の二男。母は側室の西村氏・里和。幼名は愛麿。号は稲香軒。最初の妻は有栖川宮幟仁親王の王女・宜子女王。2番目の妻は鍋島直紀の娘。子は井伊直忠(二男)。孫に昭和28年(1953年)から36年間にわたって彦根市長を務めた井伊直愛がいる。

経歴[編集]

父・直弼が実兄(直憲の伯父)直亮の世子だった時代に生まれる。実質的な長男(兄は生後間もなく夭逝)であったが、側室の子でもあり、直弼の生前に嫡子としての届け出はなされていなかった。

安政7年(1860年)3月3日の桜田門外の変で直弼が暗殺された後、彦根藩は幕閣の政治的配慮により取り潰しを免れ、万延元年(安政から改元)4月28日に13歳(数え年)で家督を相続した(直弼の死はただちに知れ渡っていたが、藩は形の上で直弼の存命を装い、跡目相続の手続きを認められた)。大老として辣腕を振るった父とは対照的に地味な性格だった。同年8月26日、従四位下に叙位。左近衛権少将に任官し、掃部頭を兼任する。

文久2年(1862年)11月20日、松平春嶽らによる幕政改革(文久の改革)において、父・直弼の専横・圧政を糾弾され、25万石へ減封された。これに先立ち、家老・岡本半介の進言を受け入れて、父の腹心であった長野主膳宇津木景福を処刑しているが、処分は緩和されず、譜代筆頭でありながら幕府との関係は険悪化する。それでも天誅組が挙兵した時は幕命により出兵し、鎮圧に貢献した。

元治元年(1864年)4月18日、左近衛権中将に転任。掃部頭如元。池田屋事件禁門の変での功により同年8月22日、旧領のうち3万石を回復する。

慶応2年(1866年)、第二次長州征討では高田藩兵とともに彦根藩兵が芸州口の先鋒となったが、大村益次郎の訓練を受けた長州藩諸隊の散兵戦術に旧式の装備・戦法で臨んだため、大敗を喫する。以後、藩内では谷鉄臣や大東義徹ら勤王派が台頭し、徳川慶喜に近い岡本半介の影響力が低下する。

井伊直憲遺髪塚(滋賀県彦根市井伊神社前)

慶応4年(1868年)、戊辰戦争では前哨戦となる鳥羽・伏見の戦いで、谷鉄臣らの藩兵が最初から新政府軍に属して東寺大津を固めた。その後、東山道鎮撫総督に属し、近藤勇の捕縛に加わったが、小山の戦闘大鳥圭介らの旧幕府軍に撃破される。彦根藩兵はその後、白河口から会津に転戦する。

明治2年(1869年)6月、戊辰戦功により賞典禄2万石を付与された。谷や大東、西村捨三ら下級武士出身者主導の藩政改革を承認し、人材登用を推進する。同年7月8日、彦根藩知事となる。

明治4年(1871年)、アメリカおよびイギリスに遊学する。随員に、専修大学の創設者となった相馬永胤がいる。ちなみに、中央大学の創設者である増島六一郎も彦根藩の出身である。同年7月14日、廃藩により知事を免ぜられる。

明治17年(1884年)7月7日、華族令により、伯爵に列せられた。

栄典[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 豪徳寺「忠正公神道碑」では、嘉永元年4月21日。

出典[編集]

  1. ^ 『明治維新人名辞典』52頁。
  2. ^ 『官報』第5554号、明治35年1月11日。
  3. ^ 『官報』第307号「叙任及辞令」1884年7月8日。
  4. ^ 『官報』第610号「賞勲叙任」1885年7月14日。
  5. ^ 『官報』第1278号「叙任及辞令」1887年9月30日。
  6. ^ 『官報』第1278号「彙報 - 褒章」1887年9月30日。
  7. ^ 『官報』第1943号「叙任及辞令」1889年12月18日。
  8. ^ 『官報』第4198号「叙任及辞令」1897年7月1日。

参考文献[編集]

  • 日本歴史学会編『明治維新人名辞典』吉川弘文館、1981年。


日本の爵位
先代:
創設
伯爵
彦根井伊家初代
1884年 - 1902年
次代:
井伊直忠