築山殿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

築山殿(つきやまどの、生年不詳 - 天正7年8月29日1579年9月19日))は、戦国時代から安土桃山時代にかけての女性

つきやまどの/せなひめ
築山殿/瀬名姫
築山殿.jpg
生誕不明であるが、天文8年から天文9年にかけて出生した可能性が高いとされる[1]
死没天正7年8月29日1579年9月19日
別名築山御前、駿河御前
配偶者徳川家康
子供徳川信康亀姫
父∶関口氏純[2][3]
母∶今川義元の妹
親戚兄弟∶正長、道秀、
姉妹∶大谷元秀室、築山殿北条氏規室?

概要[編集]

徳川家康正室。築山殿の実名は不明である[4]。テレビや小説などでは瀬名の名があてられるが、当時の史料はもちろん、江戸時代前期に成立した史料にも瀬名の名はみられない[5]。江戸時代中期の元文5年(1740年)成立の『武徳編年集成』巻三に、「関口或いは瀬名とも称す」と記載されている[5]。一般的には築山殿、築山御前(つきやまごぜん)、または駿河御前(するがごぜん)ともいわれる[6]。「築山」の由来は岡崎市の地名である[7]。具体的な場所は『岡崎東泉記』という史料に記載されており[8]、岡崎城の北東約1キロほどに位置する、岡崎市久右衛門町であったとされる。このことから築山殿は同地に独立した屋敷を構え、居住したとみることができる[9]

父は関口親永[4](氏純とも[2][3])。母は今川義元の伯母とも妹ともいわれ、もし妹ならば築山殿は義元の姪に当たる[6]。夫の徳川家康よりも2歳くらい年上、低くみても同年齢くらいと推測されている[10]

母は『井伊年譜』や『系図纂要』『井家粗覧』の系図によると井伊直平の娘で、先に今川義元の側室となり、後にその養妹として親永に嫁したという[11]。その場合だと井伊直盛とはいとこ井伊直虎従姪に当たる。

近年では、関口親永と今川氏との婚姻関係そのものの存在を否定する説(親永の実兄である瀬名氏俊が義元の姉を妻にしたのを誤認したとする[12])もあるが、そもそも関口氏自体が御一家衆と呼ばれる今川氏一門と位置づけられる家柄であった。家康(当時は松平元信・その後松平元康に改名)が今川氏一門である関口氏の娘婿になるということは、今川氏一門に准じる地位が与えられたことを意味していた[13]

生涯[編集]

結婚・出産[編集]

天文8年(1539年)から天文9年(1540年)にかけて出生した可能性が高いとされる[1]弘治3年(1557年)正月15日、今川家の人質として駿府にいた松平元信(後の徳川家康)と結婚する[4]永禄2年(1559年)に松平信康を、同3年(1560年)に亀姫を産む。

転機[編集]

永禄3年(1560年5月19日桶狭間の戦いにて、伯父の今川義元が討たれ、元康(元信から改名。のちの家康)は岡崎に帰還することとなった。永禄5年(1562年)3月、父の親永は娘婿である家康(元康から改名)が織田信長と同盟を結んだ事で今川氏真の怒りを買い、正室と共に自害した。築山殿は、石川数正が駿河に来て今川氏真を説得し、鵜殿氏長鵜殿氏次と築山殿母子との人質交換をすることで、駿府の今川館から子供たちと共に家康の根拠地である岡崎に移った[14]。しかし、岡崎城内ではなく城外の西岸寺に居住したことや、『家忠日記』における築山殿を示す敬称が正室を表す「御前さま」ではなく、「信康御母さま」であることなどから、今川との手切れにあたって離縁されたとも見られている[15]

永禄10年(1567年)、息子の信康と織田信長の長女・徳姫が9歳同士で結婚する[16]元亀元年(1570年)に信康が嫡子として岡崎城に移された際に、嫡子生母として岡崎城に入ることとなる[15]

対立・最期[編集]

家康は遠江浜松に移ったが、築山殿は後継ぎの信康とともに岡崎にとどまった。

天正2年(1574年)家康の側室長勝院が次男結城秀康を出産するが、築山殿は家康の子供を妊娠することを認めていないため長勝院を城内から退去させている。正妻は、別妻や妾として承知するかの権限を持っていた[17]。別妻・妾の存在とその子供の出産が、正妻の管理下に置かれていたこと、そこにおける正妻の絶対的な権限の存在を認識することができる[18]

徳姫は天正4年(1576年)には登久姫を、天正5年(1577年)には熊姫を産んだ。しかし、徳姫がいつまでたっても信康の息子を産まないため、心配した築山殿は、元武田家の家臣で後に徳川家の家臣となっていた浅原昌時の娘および日向時昌の娘など部屋子をしていた女性を、信康の側室に迎えさせた(『系図纂要』)。

天正7年(1579年)、徳姫は、築山殿が徳姫に関する讒言を信康にしたこと、築山殿と唐人医師・減敬との密通があったこと、武田家との内通があったことなど、12か条からなる訴状を信長に送り、これにより信長が家康に信康の処刑を命じたとされる。家康の上意により妻の処分が伝えられ、築山殿は8月29日に遠江国敷知郡佐鳴湖に近い小藪村(浜松市中区富塚)で徳川家の将来を危惧した岡本時仲野中重政によって自害をせまられ、自害を拒んだ事から独断によって首をはねられ殺害された。検使役は石川義房が務めて首は安土城の信長の元に届けられた[19]。信康は9月15日二俣城自害した。

遺体は浜松市中区広沢高松山西来禅院に葬られた[19]。首塚が岡崎市の祐傳寺、後に天保年間の頃八柱神社に移された。法名は西来院殿政岩秀貞大姉[19]

築山殿殺害の謎[編集]

だが、この通説には疑問点も多く、桑田忠親は「確かな文献には、築山殿が武田と内通したとか、唐人の減敬と密通したとか、信康を共犯にしたとかいうような記事は全く見あたらない。これは彼女が冤罪であった証拠と考えられる。」としたうえで、処刑に際して正当な理由が見つからなかったから、作りあげられた理由とし、家康が築山殿を暗殺したのは、「信康の死を知った彼女が狂乱して事を起こすのを未然に防ぐためだった」とする[19]。また「母子がそろって嫁であり妻である徳姫と起こした諍いそのものを家康が問題視した。ぬきさしならないところまで発展させてしまったことに対する責任を、明確にさせたかった。」とする指摘もある[20]。近年では築山殿の殺害と信康の切腹は、家康・信康父子の対立が原因とする説も出されている[21][22][23]。結婚当初良好であった信康夫婦の仲は、2人の姫をもうけた後に不和となっていたとみられ、当時の書状や日記からみる日程や行動から、家康が2人の仲の修復を試みたとの推測や、この頃、鷹狩として岡崎まできていた信長も、娘夫婦の不和に対し働きかけがあったとの考察もあり[15]、信康の家臣団が、信康をかつぎ家康に叛意を抱くもの・信康に添っているが家康に対しても忠実であるもの・器量を危ぶみ信康に反感を抱くものなどに割れていたことが混乱と粛清に向かったとする説もある[15]

侍女[編集]

  • 河井某の娘野中重政岡本時仲らとともに浜松城へ向かう際に同行し、築山殿殺害後佐鳴湖で入水し後を追った。また、彼女は家康の政治経済の上位幕僚・伊奈忠基の娘とも伝わり、その場合殉死が一家に与える不利を乗り越え築山殿の殺害に殉じたと考えられる[24] [25]

後世成立史料における評価[編集]

  • 「生得悪質、嫉妬深き御人也」(『玉輿記』)。
  • 「無数の悪質、嫉妬深き婦人也」(『柳営婦人伝』)。
  • 「其心、偏僻邪佞にして嫉妬の害甚し」(『武徳編年集成』)。
  • 「凶悍にてもの妬み深くましまし」(『改正三河後風土記』、唐人医師の減敬と密通していたとされる。)

関連作品[編集]

映画
テレビドラマ
テレビアニメ
ゲーム

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b 黒田 2022, p. 40.
  2. ^ a b 黒田 2022, p. 20.
  3. ^ a b 黒田 2022, p. 30.
  4. ^ a b c 中村 1965, p. 91.
  5. ^ a b 黒田 2022, p. 14.
  6. ^ a b 中村 1965, p. 92.
  7. ^ 『徳川家康』秋田書店〈桑田忠親著作集 第六巻〉、1979年、44頁。 
  8. ^ 柴裕之 『徳川家康』平凡社、2017年、228頁。 
  9. ^ 黒田 2022, p. 18.
  10. ^ 黒田 2022, p. 42.
  11. ^ 小和田哲男 『井伊直虎:戦国井伊一族と東国動乱史』〈洋泉社新書〉2016年、78-80頁。 
  12. ^ 黒田基樹 『北条氏康の妻 瑞渓院』平凡社〈中世から近世へ〉、2017年12月、33-34頁。ISBN 978-4-582-47736-8 
  13. ^ 柴裕之 著「松平元康との関係」、黒田基樹 編 『今川義元』戎光祥出版〈シリーズ・戦国大名の新研究 第1巻〉、2019年6月。ISBN 978-4-86403-322-0 
  14. ^ 中村 1965, p. 108.
  15. ^ a b c d 平野明夫「松平信康はなぜ殺されたのか?」『歴史人』第72号、KKベストセラーズ、2016年12月、 102-107頁。
  16. ^ 中村 1965, p. 112.
  17. ^ 黒田 2022, p. 144.
  18. ^ 黒田 2022, p. 147.
  19. ^ a b c d 桑田忠親「築山事件の真相」『歴史と人物』12巻13号、1982年。
  20. ^ 宮本義己 『徳川家康の秘密』KKベストセラーズ、1992年、99-100頁。 
  21. ^ 典厩五郎 『家康、封印された過去』PHP研究所、1998年。 
  22. ^ 盛本昌広 『松平家忠日記』〈角川選書〉1999年。 
  23. ^ 谷口克広 『信長と消えた家臣たち』〈中公新書〉2007年。 
  24. ^ 築山殿の生涯”. 2022年12月9日閲覧。
  25. ^ 中村 1978, p. 33.

参考文献[編集]

関連項目[編集]