井伊直虎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
井伊直虎
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 不詳[1]
死没 天正10年8月26日1582年9月12日
改名 次郎法師 → 直虎 → 祐圓尼(法名:祐圓/祐円)
別名 通称:次郎法師、渾名:女地頭
戒名 妙雲院殿月船祐円大姉[2]
墓所 龍潭寺
主君 今川氏真徳川家康
氏族 井伊氏
父母 父:井伊直盛、母:祐椿尼新野親矩妹)
養子:直政

井伊 直虎(いい なおとら)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての遠江井伊谷[注釈 1]領主。祝田郷の有力者宛に徳政令の実施を命する書状に「次郎直虎」の署名が見られる。通説では井伊直盛の娘、次郎法師であったとされる。

井伊直虎=次郎法師 とされる根拠は、先述の徳政令の書状の署名より「当時”次郎直虎”と名乗る領主が居た」ことと、戦国時代の井伊直平とその子孫の活躍、井伊直政の幼少期までが叙述される『井伊家伝記』にて、”次郎法師”が同国の国衆井伊氏の事実上の当主を務め、「女地頭」と呼ばれた(この時代の「地頭」は「領主」という意味である[3])、との記述による。 次郎法師は曾祖父は井伊直平、祖父は井伊直宗で、井伊直親と婚約したといわれるが、生涯未婚であった。徳川四天王井伊直政(虎松)の養母と伝わる。 『井伊年譜』などでは築山殿が井伊直平の孫娘と記されており、その場合だと築山殿は従叔母に当たる。

当時の一次史料や、『井伊家伝記』自体には次郎法師が「直虎」を名乗ったという明確な記述はなく[4]、「直虎」となったのは別の人物であるという説もある(#直虎≠次郎法師 説)[5]。しかし、こちらの資料にも「直虎」という記載は無い。

生涯[編集]

遠江井伊谷城主(国人)の井伊直盛の娘として誕生[6]。母は新野親矩の妹(祐椿尼[7]。生年は定かではないが、天文5年(1536年)前後に誕生したのではないかとする説がある[1]

幼名は不明。父・直盛に男子がおらず、直盛の従兄弟にあたる井伊直親を婿養子に迎える予定であった。天文13年(1544年)、今川氏与力小野政直の讒言(ざんげん)により、井伊直満が弟の直義と共に今川義元への謀反の疑いをかけられて自害させられ、直親も井伊家の領地から脱出、信濃に逃亡した。井伊家では直親の命を守るため所在も生死も秘密となっていた。許嫁であった直虎は龍潭寺で出家し、次郎法師(次郎と法師は井伊氏の二つの惣領名を繋ぎ合わせたもの)という出家名を名乗った[7]。直親は弘治元年(1555年)に今川氏に復帰するが、信濃にいる間に一族の奥山朝利の娘・おひよを正室に迎えていたため、直虎は婚期を逸すことになったとされる。

永禄3年(1560年)の桶狭間の戦いにおいて父・直盛が戦死し、その跡を継いだ直親は永禄5年(1562年)に小野道好(政直の子)の讒言によって今川氏真に殺された。直虎ら一族に累が及びかけたところを母・祐椿尼の兄で伯父にあたる新野親矩の擁護により救われた。永禄6年(1563年)、曾祖父の井伊直平が今川氏真の命令で天野氏犬居城攻めの最中に急死[注釈 2]。永禄7年(1564年)には井伊氏は今川氏に従い、引間城を攻めて新野親矩や重臣の中野直由らが討死し、家中を支えていた者たちも失った。井伊家の菩提寺である龍潭寺住職の南渓瑞聞により、直親の子・虎松(後の井伊直政)は鳳来寺に移された。

永禄8年(1565年)、次郎法師は還俗し直虎と名を変え井伊氏の当主となった。「直虎」は仮名であって、本当の名前ではない[8]。『井伊家伝記』によると「次郎法師は女こそあれ井伊家惣領に生候間」とあり直親の死去により、次郎法師しか後継者がいなかった[9]。具体的には直盛の未亡人と龍潭寺の南溪和尚が相談の上、女性地頭を誕生させた[10]。なお、この時代の「地頭」は鎌倉時代の意味ではなく、領主の意味として使用されている[11]

永禄8年9月15日、龍潭寺への寄進状に直虎が黒印を捺して寺領を確認している。自分の家の菩提寺ではあるが公的な印判状を出し、書き止め文言が「仍如件」とあるので領主として領域支配に取り組んでいたと解る[10]。印判状の文中で直虎は「次郎法師」と名乗る事で龍潭寺を中心とした宗教秩序の構築の主張に関わる権利、そして井伊家の惣領としての権利を手に入れており、宗教的な権威と実質的権力を持ったと言えるのである[12]

永禄9年(1566年)霜月吉日、直平の菩提を弔うために川名の福満寺に鐘を寄進する[13]

同年今川氏真は井伊谷一帯(井伊谷と都田川)に徳政令を出しているが、2年間発動されなかった。これは直虎が氏真の徳政をはねつけたためだが、永禄11年11月9日、徳政令の発動にふみきらざるをえなくなった。次郎直虎と署名した文書があり今川氏の関口氏経と連署して徳政を蜂前神社に伝えている[14][15]。この背景には、直虎は債権主である銭主方と結託して徳政を施行しようとはせず、農民は今川氏を頼りに徳政の実施をせまっていた状況がある[16]。すなわち直虎と銭主方による徳政令拒否派と井伊氏の家老小野但馬守(道好)と結ぶ祝田禰宜ら徳政令要求派の対立があり[17]、この状況は今川氏にとって井伊家に介入する絶好の機会となったといえる[18]

小野道好の専横は続き、永禄11年(1568年)には居城・井伊谷城を奪われてしまうが、小野の専横に反旗を翻した井伊谷三人衆近藤康用鈴木重時菅沼忠久)に三河国徳川家康が加担し、家康の力により実権を回復した。元亀元年(1570年)には家康に嘆願し、家康は道好の直親への讒言を咎め処刑する。しかし、元亀3年(1572年)秋、信濃から武田氏が侵攻し、居城・井伊谷城は武田家臣・山県昌景に明け渡し、井平(伊平)城井伊(井平)直成仏坂の戦いで敗死すると、徳川氏の浜松城に逃れた。その後、武田氏と対した徳川・織田連合軍は三方ヶ原の戦い野田城の戦いまで敗戦を重ねたが、武田勢は当主・武田信玄が病に倒れたため、元亀4年(1573年)4月に撤退し、直虎は三度井伊谷城を奪還した。

その間、直虎は元許嫁の直親の遺児・虎松(直政)を養子として育て、天正3年(1575年)、直政が15歳の時に徳川氏に出仕させ、その際に直政は300石を与えられる(『井伊家伝記』)[19]

龍潭寺境内の井伊氏一族の墓。左から直政、おひよ、直親、直虎、祐椿尼。

天正10年(1582年)8月26日、死去[2]。家督は直政が継いだ。墓は龍潭寺にあり、直親の隣にある。

信憑性[編集]

小和田哲男は『龍潭寺文書』中に次郎法師名で発給された印判状があり、出家した次郎法師が一時的にではあれ井伊谷を支配していたことは明らかであるとしている[20]

生涯については、『井伊家伝記』を主な史料として叙述される事が多いが、同家伝は誤伝を含む地元の伝承をもとにして記述されており、史実とは言い難い内容も多い史料である。井伊直親と許嫁であったという点は、直親が信州に逃れた天文13年(1544年)時点で、直親は10歳、直盛は19歳であり、この時その娘(直虎)が生まれていたとしても、出家しようという判断力のある年齢ではないため、史実ではなく創作されたものとする考えもある[21]。また『井伊家伝記』自体には次郎法師が直虎と名乗った記述はない[4]

直虎≠次郎法師 説[編集]

平成28年(2016年)12月、京都市井伊美術館井伊達夫館長が、通説とは異なり、「井伊直虎」は女性(次郎法師)ではなく別人の男性であった可能性を示す史料が新たに確認されたと発表した。それによると、「井伊直虎」とは今川氏家臣関口氏経の息子(次郎法師の母方の従兄弟にあたる人物)を「井伊次郎」と名乗らせて当主としたものであり、井伊直盛の娘である次郎法師とは別人であるという。

発見された史料は、享保20年(1735年)に編集された「守安公書記」(全12冊)で、その中には寛永17年(1640年)に新野親矩(井伊直盛の妻及び関口氏経の兄弟)の孫で井伊家家老を務めた木俣守安が聞き書きした記録を、子孫の木俣守貞が筆写したという「雑秘説写記」も収められていた。井伊館長が約50年前に骨董品店で入手した史料の中にあり、取材をきっかけに読み返したところ「井伊次郎」の記述を見つけたという。史料内では今川氏真の配下にあった井伊家について記されており、井伊谷の領地が新野親矩の甥で、先述の関口氏経の子である「井伊次郎」に与えられたとの記述があり、これが別人説の根拠とされる。一方で同史料中の記述は「井伊次郎」に留まり、「直虎」の文字は見当たらなかったという[5][22]。小和田哲男はこの史料が江戸時代に書かれたもので同時代史料でないこと、当該の「井伊次郎」が直虎である記述がないこと、「次郎」は井伊家総領代々の仮名であり、次郎法師が存在する段階で別の人物が「井伊次郎」を名乗るのは考えにくい点を指摘している[20]。また渡邊大門は、「「守安公書記・雑秘説写記」は江戸中期に成立した編纂物で、そのまま史実と認めるにはいかず、ほかの裏付けとなる史料による検証が必要であろう。」と慎重な姿勢をとっている[23]

関連作品[編集]

小説[編集]

  • 梓澤要『女(おなご)にこそあれ次郎法師』(2006年1月、新人物往来社)
  • 高殿円『剣と紅』(2012年11月、文藝春秋)
  • 火坂雅志「井伊の虎」(2012年6月、『オール讀物』/2013年3月、文藝春秋刊『常在戦場 家康家臣列伝』収録)
  • 安部龍太郎「湖上の城」(2016年9月、『オール讀物』/2016年9月、文藝春秋刊『おんなの城』収録)
  • 楠木誠一郎『戦国の尼城主 井伊直虎』(2016年9月、河出書房新社〈河出文庫〉)
  • 高橋直樹『直虎 乱世に咲いた紅き花』(2016年11月、潮出版社〈潮文庫〉)

児童書[編集]

  • 藤咲あゆな「井伊直虎 過酷な運命にもまれた不屈の風」(2013年7月、集英社刊『戦国姫 風の巻』〈集英社みらい文庫〉収録)
  • 越水利江子『戦国の姫城主井伊直虎』(2016年11月、KADOKAWA〈角川つばさ文庫〉)
  • 時海結以『井伊直虎 民を守った女城主』(2016年12月、小学館〈小学館ジュニア文庫〉)

ゲーム[編集]

テレビドラマ[編集]

舞台[編集]

  • 『井伊直政誕生物語』(2013年9月25日)、静岡県浜松市北区神宮寺川緑地)→『井伊直虎と徳川家康』(劇団砂喰社公演(2015年10月 - )
  • 『井伊直虎誕生物語』(TEAM直虎公演、(2017年1月 - )

脚注[編集]

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 静岡県浜松市北区(旧・引佐郡引佐町
  2. ^ 直平の死因に関しては諸説ある。詳細は直平の死諸説を参照。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 夏目琢史『文明・自然・アジール―女領主井伊直虎と遠江の歴史―』(同成社、2016年、151頁)
  2. ^ a b 引佐町史 上巻 1991, p.565
  3. ^ 引佐町史 上巻 1991, p.563
  4. ^ a b 井伊達夫 2016.
  5. ^ a b “「井伊直虎」女性でなかった? 井伊美術館が新史料”. 日本経済新聞. (2016年12月15日). http://www.nikkei.com/article/DGXLZO10673470U6A211C1CR8000/ 2016年12月16日閲覧。 
  6. ^ 引佐町史 上巻 1991, p.560
  7. ^ a b 龍潭寺
  8. ^ 夏目琢史『文明・自然・アジール-女領主井伊直虎と遠江の歴史-』(同成社、2016年、148頁)
  9. ^ 引佐町史 上巻 1991, pp.560-561
  10. ^ a b 引佐町史 上巻 1991, p.561
  11. ^ 引佐町史 上巻 1991, p.563
  12. ^ 夏目琢史『文明・自然・アジール-女領主井伊直虎と遠江の歴史-』(同成社、2016年、167頁)
  13. ^ 引佐町史 上巻 1991, pp.563-564
  14. ^ 若林淳之「今川氏真の苦悶」(『静岡大学教育学部研究報告』6号、1955年)
  15. ^ 引佐町史 上巻 1991, pp.564-565
  16. ^ 引佐町史 上巻 1991, p.570
  17. ^ 久保田昌希「遠州井伊谷徳政をめぐって―匂坂直興書状の検討―」(『駿河の今川氏』第五集、1980年)
  18. ^ 永原慶二ゼミ「戦国期における遠江の社会経済構造―井伊谷地域の場合―」(『ヘルメス[一橋大学学生研究誌]』28号)
  19. ^ 夏目琢史『文明・自然・アジール―女領主井伊直虎と遠江の歴史―』(同成社、2016年、177-178頁)
  20. ^ a b “「大河ドラマ」時代考証者が「男性説」に反論…「直虎が女性だった」と断言できる根拠〈dot.〉”. dot.. (2017年1月29日). https://dot.asahi.com/dot/2017012600151.html 2017年1月29日閲覧。 
  21. ^ 野田浩子「『井伊家伝記』の史料的性格」(『彦根城博物館研究紀要』第26号、2015年)
  22. ^ “「おんな城主直虎」は男だった? 大河主人公に新史料”. 朝日新聞. (2016年12月15日). http://www.asahi.com/articles/ASJDB62T9JDBPLZB00K.html 2016年12月16日閲覧。 
  23. ^ 渡邊大門「井伊家当主の権限を代行した波乱の人生」(歴史と文化の研究所編『井伊一族のすべて』洋泉社、2017年)

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

  1. ^ 井伊美術館「井伊美術館への道のり 『戦陣武具資料参考館のこと』」