黒田基樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

黒田 基樹(くろだ もとき、1965年4月 - )は、日本の歴史学者、駿河台大学法学部教授。専門は日本の戦国時代織豊時代史で、相模後北条氏甲斐武田氏に関する研究を展開する。

略歴[編集]

東京都世田谷区生まれ。1989年早稲田大学教育学部卒、1995年駒澤大学大学院博士課程(日本史学)単位取得満期退学、1999年「戦国大名と外様国衆」で駒澤大博士 (日本史学)。2008年駿河台大学法学部准教授、2012年教授。

歴史学研究会戦国史研究会武田氏研究会の活動もあり、また千葉県史中世部会編纂委員や横須賀市史古代中世部会編纂委員を務めている。

2016年のNHK・大河ドラマ真田丸』では、平山優丸島和洋と共に時代考証を担当。

著書[編集]

  • 『戦国大名北条氏の領国支配』岩田書院(戦国史研究叢書)1995
  • 『戦国大名と外様国衆』文献出版 1997
  • 『増補改訂 戦国大名と外様国衆』戎光祥出版(戎光祥研究叢書4) 2015
  • 『戦国大名領国の支配構造』岩田書院 1997
  • 『戦国期東国の大名と国衆』岩田書院 2001
  • 『中近世移行期の大名権力と村落』校倉書房 (歴史科学叢書)2003
  • 『扇谷上杉氏と太田道灌』岩田書院 (岩田選書「地域の中世」)2004
  • 『戦国北条一族』新人物往来社 2005
  • 『戦国大名の危機管理』吉川弘文館 (歴史文化ライブラリー)2005
  • 『百姓から見た戦国大名』筑摩書房(ちくま新書) 2006
  • 北条早雲とその一族』新人物往来社 2007
  • 『戦国の房総と北条氏』岩田書院(岩田選書「地域の中世」)2008
  • 『戦国期の債務と徳政』校倉書房(歴史科学叢書)2009
  • 『戦国期領域権力と地域社会』岩田書院(中世史研究叢書)2009
  • 『図説太田道潅―江戸東京を切り開いた悲劇の名将』戎光祥出版 2009
  • 『戦国関東の覇権戦争 北条氏VS関東管領・上杉氏55年の戦い』洋泉社(歴史新書y)2011。角川ソフィア文庫 2017
  • 『戦国北条氏五代』戎光祥出版(中世武士選書8)2012
  • 小田原合戦と北条氏(敗者の日本史)』吉川弘文館 2012 
  • 古河公方と北条氏』岩田書院(岩田選書 地域の中世) 2012
  • 『戦国期山内上杉氏の研究』岩田書院(中世史研究叢書) 2013
  • 『戦国大名 政策・統治・戦争』平凡社新書 2014
  • 真田昌幸 徳川、北条、上杉、羽柴と渡り合い大名にのぼりつめた戦略の全貌』 小学館 2015
  • 『「豊臣大名」真田一族』洋泉社 2016
  • 真田信之 真田家を継いだ男の半生』角川学芸出版(角川選書)2016
  • 『羽柴を名乗った人々』角川学芸出版(角川選書)、2016
  • 『近世初期大名の身分秩序と文書』戎光祥出版(戎光祥研究叢書11) 2016
  • 小早川秀秋』 戎光祥出版(シリーズ・実像に迫る5)2017
  • 『真田信之』戎光祥出版 (シリーズ・織豊大名の研究5)2017
  • 井伊直虎の真実』角川学芸出版 (角川選書) 2017
  • 『羽柴家崩壊:茶々片桐且元の懊悩』平凡社(中世から近世へ)2017

編纂・共編著[編集]

『後北条氏編 第6巻』下山治久共編 1995.12
『武田氏編 第1-6巻』柴辻俊六丸島和洋共編 2002-2006
『房総編 第1-4巻』佐藤博信・滝川恒昭・盛本昌共編 2010-13
1『武蔵大石氏』2010
2『北条氏邦と武蔵藤田氏』浅倉直美共編、2011
4『武蔵三田氏』2011
7『武蔵成田氏』2012
12『岩付太田氏』2013
14『武蔵上田氏』2015
  • シリーズ・中世関東武士の研究、戎光祥出版
Ⅰ『長尾景春』2010
Ⅱ『武田信長』2011
第5巻『扇谷上杉氏』2012  
第10巻『伊勢宗瑞』2013
第11巻『関東管領上杉氏』2013
第14巻『山内上杉氏 』2014
第15巻『上野岩松氏』2015
  • 関東足利氏の歴史、戎光祥出版
第1巻『足利基氏とその時代』 2013
第2巻『足利氏満とその時代』2014
第3巻『足利満兼とその時代』2015
第4巻『足利持氏とその時代』2016
  • 『北条氏年表 宗瑞・氏綱・氏康・氏政・氏直』編 高志書院 2013
  • 『北条氏康の子供たち』浅倉直美との共編 宮帯出版社 2015
  • 『武田氏家臣団人名辞典』柴辻俊六、平山優、丸島和洋との共編 東京堂出版 2015

外部リンク[編集]