太田氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

太田氏(おおたし、おおたうじ/おおだし、おおたうじ)は日本の氏族。主なものとして下記の流れがある。

  1. 清和源氏頼光流太田氏。
  2. 清和源氏頼親流太田氏。
  3. 清和源氏里見氏流太田氏。
  4. 桓武平氏大掾氏一門東條氏流太田氏。
  5. 三善氏の一族。鎌倉幕府問注所執事三善康信の子康連に始まる。
  6. 藤原氏秀郷流太田氏。

清和源氏頼光流太田氏[編集]

摂津源氏の流れを汲み、源頼光の玄孫頼政(源三位頼政)の末子である源広綱を祖とする。広綱の子孫の源資国丹波国桑田郡太田(現在の京都府亀岡市薭田野町)を拠点として、太田氏を称したという。通字は「資」。

太田資清扇谷上杉氏に仕え、その子の資長(太田道灌)は武蔵国豊島郡江戸城東京都千代田区)を築き、上杉定正執事として活躍したが、定正に殺されたことから、道灌の子資康山内上杉氏に仕え、後の江戸太田家となった。また、資清・道灌父子は武蔵国入間郡河越城埼玉県川越市)を築いた。その他、同父子が武蔵国埼玉郡岩槻城(埼玉県さいたま市岩槻区)を築いたという説もある(成田正等によるという説が有力)。道灌の養子資家の子孫がこの岩槻城に入り、岩槻太田家(岩付太田家)となった。更に近年の研究で、江戸・岩槻両太田家の系譜においてその位置づけが不確実な太田永厳受領名:備中守)と呼ばれる人物[1]が扇谷上杉氏の家宰であった可能性が指摘されており、道灌の嫡流であったこの系統の没落後に江戸・岩槻太田氏が台頭したとする見方もある[2]

子孫はいくつかに分かれ、後北条氏里見氏佐竹氏にしたがった。徳川家康に従い大名となった太田氏(太田資宗の流れ)はこの流れを汲むといわれるが定かではない。

家康側室の英勝院は兄太田重正の子資宗(英勝院・重正・資宗の血縁関係は不確かである)を養子とし、譜代格として徳川秀忠に出仕させている。資宗は順調に出世し、徳川家光からの覚えも良く、六人衆(のちの若年寄)となり、さらには下野国山川藩1万5千石の藩主となる。奏者番などを歴任し、最終的には遠江国浜松藩3万5千石まで登りつめ、子孫は幕府の要職を歴任し、老中も出し、明治維新後には子爵となった。没落寸前であった太田氏は彼女の力によって近世大名として、明治の世まで生き残った。

また、資高の孫といわれる資元は佐賀の龍造寺家兼に従い、後に佐賀藩鍋島氏の縁戚となり家老格の太田鍋島氏として幕末に至っている。

清和源氏頼親流太田氏[編集]

大和源氏の祖である源頼親の後裔で、摂津国島下郡太田(現在の大阪府茨木市)を本拠とした。平安時代末期に登場する太田頼基が知られ、代々太田城を居城とした。

桓武平氏繁盛流大掾氏一門東條氏系[編集]

桓武平氏繁盛流大掾氏一門の東條氏庶家常陸国久慈郡太田郷(現在の茨城県常陸太田市)を居城とした。

三善流太田氏[編集]

鎌倉幕府問注所執事・三善康信の子康連が、鎌倉時代中期に備後国世羅郡太田(現在の広島県世羅郡世羅町)を与えられ、名字を太田とした。

後に足利尊氏に従い活躍し、周防国玖珂郡椙杜郷を与えられて移住した一族は、椙杜氏を名乗り、大内氏毛利氏に仕え、後に長府藩筆頭家老となった。

藤原秀郷流太田氏[編集]

藤原秀郷の後裔で、武蔵国埼玉郡太田荘(現在の久喜市加須市羽生市さいたま市岩槻区)を本拠とした一族。小山氏下河辺氏大河戸氏を出した。

祖は太田大夫・太田別当と呼ばれた太田行尊(行隆)。太田荘を開発したとみられ、行政行光行広行朝と続いた。行朝は源頼朝に従い、野木宮合戦に参加し、これにより太田荘を安堵されたと考えられる。しかし建久5年(1194年)6月に、行朝は久伊豆神社の神人を殺傷したとみられ、神人側が抗議して頼朝が二階堂行光を派遣し仲裁する事態となり、行朝は太田荘の荘司職を没収された。以後小山氏など庶家は活躍するが、惣領たる秀郷流太田氏は没落してしまった(『久喜市史』、『鷺宮町史』)。

脚注[編集]

  1. ^ 『潮田系図』では備中守が資家の子として位置づけられるが、その存在が記載されていない系図もある。黒田基樹は道灌のもう1人の養子である資雄の子か資家の子で資雄の養子になった人物と位置づける。
  2. ^ 黒田基樹「江戸太田氏と岩付太田氏」(初出:『北区史研究』1号(1992年)/所収:黒田 編『論集戦国大名と国衆12 岩付太田氏』(2013年、岩田書院))

系譜[編集]

太字は当主、実線は実子、点線は養子。

清和源氏頼光流[編集]

清和源氏頼親流[編集]

三善流[編集]

藤原北家秀郷流[編集]

関連項目[編集]