太田資武 (掛川藩嫡子)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

太田 資武(おおた すけたけ、宝暦13年7月2日1763年8月10日) - 天明4年8月25日1784年10月9日))は、遠江掛川藩の嫡子。第2代藩主太田資愛の長男。正室は松平定静の娘。官位は従五位下、大和守、采女正。幼名は伴之助、新六郎。

宝暦13年(1763年)、掛川藩嫡子として生まれる(『寛政重修諸家譜』では宝暦11年(1761年))。安永6年(1777年)に徳川家治に拝謁し叙任する。しかし、家督相続前の天明4年(1784年)に死去した。代わって、次弟の資順が嫡子となった。

法名は道因日縁徳浄院。