源仲綱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
源仲綱
Minamoto no Nakatsuna.jpg
『英雄百首』(歌川貞秀画)
時代 平安時代末期
生誕 大治元年(1126年)?
死没 治承4年5月26日1180年6月20日
墓所 新潟県三条市吉ケ平
官位 正五位下蔵人昇殿隠岐伊豆
氏族 清和源氏頼光流(摂津源氏
父母 父:源頼政、母:源斉頼
兄弟 仲綱国政兼綱頼兼広綱仲家
宗頼政綱二条院讃岐藤原重頼室)
藤原隆保室、藤原憲定室、村上経業室ほか
未詳
宗綱有綱成綱(盛綱)、頼季(頼重)、
頼茂広綱

源 仲綱(みなもと の なかつな)は、平安時代末期の武将歌人源頼政の嫡男。母は源斉頼女。官位は正五位下隠岐伊豆守。

生涯[編集]

京武者として[編集]

源頼光に始まる摂津源氏の一門であり、代々大内守護内裏の警護)の任にあったと云われる。久寿2年(1155年)、守仁親王(後の二条天皇)が立太子されると蔵人に補され、東宮に仕えた。平治元年(1159年)、父頼政は平治の乱平清盛に味方し、その結果、源義朝河内源氏源頼信の系統)は没落するが、摂津源氏は平氏政権下の中央に留まることになった。

乱の後に義朝の三男であった源頼朝伊豆国蛭ヶ小島配流となったが、この時期に仲綱は伊豆守となっており、一説には流罪の身となった頼朝を伊豆へ運んだのは、頼政の配下の摂津渡辺氏だともされる。

平氏政権下における仲綱の動向としては、仁安3年(1168年)に伊豆守であった仲綱が国内の不作によって朝廷に献じる五節舞の舞姫の費用を弁じることができない旨の請文が現存しており、頼政・仲綱父子の動向を知る数少ない史料となっている。そのほか大内守護の任にある仲綱は頼政とともに天皇や法皇に仕え諸行事に供奉しており、また父祖同様歌人としての活動が知られ、九条兼実ら貴顕の主催する歌会・歌合に出席し、その詠歌が『千載和歌集』に6首入集している。

父の頼政は家門の誉まれとして従三位公卿)に昇ることに望みをつなぎ続け、70歳を過ぎても家督を仲綱に譲らずにいた。その願いが叶い治承2年(1178年)12月、清盛の推挙により頼政は従三位に叙され、翌治承3年(1179年)11月、出家した頼政より家督を譲られる。

以仁王の挙兵[編集]

治承4年(1180年)4月、頼政・仲綱父子は後白河法皇の第三皇子以仁王平家打倒を謀った。その動機について、『平家物語』では、仲綱が所有していた「木の下」(または「九重」)という名馬を清盛の三男の宗盛が権勢を笠に強引に奪い、しかもその馬に「仲綱」という名をつけて侮辱したのがきっかけだったと言われている。暗愚の将・宗盛という人物像を印象づける逸話であるが、事実かどうかは不明である。

挙兵計画は以仁王の名で平家追討の令旨を大寺社や諸国に雌伏する源氏に下し、その蜂起の呼びかけの名義人が「前伊豆守源仲綱」であった。5月になって挙兵計画は準備不足の段階で漏洩してしまう。同年5月21日夜に父頼政、弟の兼綱らとともに自邸を焼いて京を退去し、園城寺に逃れていた以仁王と合流し挙兵の意思を明らかにした。

だが、平家の調略で延暦寺は動かず、園城寺も危険になったため、南都興福寺へ向かう。26日に平知盛率いる追討軍に追いつかれ宇治川をはさんで平家方の大軍と合戦になった。頼政と仲綱が大将となって防戦するが、平家方に強攻渡河されて防御陣は崩れる。仲綱らは以仁王を逃すべく平等院に籠って必死で戦い、仲綱はさんざんに戦い満身創痍になって平等院釣殿で自害した。

老齢の頼政は腹を切って自害し、頼政養子の兼綱仲家源義仲の兄)、仲綱嫡男・宗綱らも最期をともにしている。

仲綱の次男の有綱とその弟成綱は知行国の伊豆にいたため生き残り、伊豆での源頼朝の挙兵に参加、有綱はのち源義経の女婿となる。

関連項目[編集]