太田源五郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
 
太田 源五郎
時代 安土桃山時代
生誕 永禄7年(1564年)または永禄8年(1565年[1]
死没 天正10年7月8日1582年7月27日
改名 国増丸(幼名)→源五郎
戒名 広徳寺殿功林宗勲大禅定門[1]
氏族 後北条氏桓武平氏)→太田氏
父母 父:北条氏政
兄弟 新九郎氏直源五郎氏房千葉直重直定、源蔵、北条勝千代芳桂院千葉邦胤室)、竜寿院里見義頼継室)、庭田重貞
正室:太田氏資の娘[注釈 1]

太田 源五郎(おおた げんごろう)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将北条氏の家臣。武蔵国岩付城城主。実名は不詳。幼名は国増丸。北条氏政の子。太田氏房と同一人物と考えられてきたが実際には別人で、現在は氏房の兄にあたる人物と考えられている。弟の氏房よりも先に太田氏の家督を継いだとされている。なお、「源五郎」は歴代の岩付太田氏当主の名乗りであるが、本項ではこの人物の呼称として用いるものとする。母は不明であるが、直定とは同母弟である。

生涯[編集]

永禄10年(1567年)、岩付城主・太田氏資が三船山合戦里見義弘に討たれて戦死したが、氏資には男子がおらず、北条氏康の娘との間に生まれた女子がいるのみであった。これに対して北条氏では、同氏が直接太田輝資江戸太田一族)や宮城政業ら太田氏の一族・家臣を指揮する形で岩付領を統治していたが、氏資に追放されて常陸佐竹氏を頼っていた氏資の実父太田三楽斎が旧領奪還を図って出兵する可能性もあった。そこで、氏資の娘を北条一族の然るべき人物に娶わせて太田氏の婿養子として家督を継承させる方策を採ろうとした。

永禄12年(1569年)に北条氏康と上杉謙信の間で越相同盟が結ばれた折に、国増丸を謙信の養子にする提案[3]が議論されながら白紙にされている(結果的に氏康の子とされる北条三郎{上杉景虎、名は氏秀とも}が養子となった)事からこの頃に国増丸の太田氏入嗣の計画があったとも言われている。

天正3年(1575年)から同5年(1577年)頃に、実父・氏政の後見を受ける形で岩付に入り、氏資の娘と婚姻し家督を継承した。天正8年(1580年)には元服し、仮名は太田歴代当主の「源五郎」を襲名している。[1]

同年より「太田源五郎」名義で出された独自の文書の発給が見られ、また小田原城城下に広徳寺(現在は東京都練馬区に移転)を建立したりしている事が明らかとなっているが、天正10年(1582年)7月8日に若くして亡くなった。遺領は弟氏房が継承した。

脚注[編集]

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 黒田基樹は近世成立の系図史料などでは氏房の妻で「小少将」と称した人物のことを伝えているが、正しくは源五郎の妻で、氏房妻とは別人と考えるのが妥当としている。一方で小少将という名は氏房の妻と考えるのが妥当としている[2]

出典[編集]

  1. ^ a b c 北条氏政 乾坤を截破し太虚に帰す 2018, pp. 10.
  2. ^ 北条氏康の妻 瑞渓院 政略結婚から見る戦国大名 2017, pp. 109.
  3. ^ 北条氏康・同氏政父子連署状(上杉博物館蔵)(新潟県立歴史博物館 2001, p. 35(写真掲載))

参考文献[編集]

史料
  • 『伝心庵過去帳』
先代:
太田氏資
岩槻太田家
第6代
次代:
北条氏房(太田氏房?)