太田重正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
 
太田重正
時代 戦国時代江戸時代
生誕 永禄4年(1561年
死没 慶長15年8月2日1610年9月18日
戒名 覚林院
墓所 静岡県三島市妙法華寺
主君 徳川家康
氏族 太田氏
父母 父:太田康資
曾祖父:太田道灌
兄弟 妹:英勝院
太田正重?、太田資宗

太田 重正(おおた しげまさ)は、戦国時代から江戸時代前期にかけての武将太田氏の一族という説もある。

一族[編集]

父は江戸太田氏の太田康資とされるが、確固たる証拠があるわけではない。また、妹に英勝院がいるとされるが、こちらも怪しいとせざるを得ない。子に正重資宗がいるとされる。

経歴[編集]

重正の父とされる太田康資は、はじめ後北条氏に仕えたが、恩賞の不満から離反(諸説ある)し、第二次国府台合戦で大敗すると安房国里見氏の下に逃亡。のちに里見氏の内紛に巻き込まれて自害したとされている。

重正は父の死後、佐竹義重のもとへ赴き、同地に亡命していた同族の太田資正(岩槻太田氏)のもとを頼って落ち延びたという(おそらく「重正」の名も義重と資正から1字ずつ与えられたものであろう)。のちに京都に移住したともいわれる。

1590年天正18年)の北条氏滅亡後、関東に移封されてきた徳川氏の家臣となった。翌年の1591年天正19年)、武蔵国豊島郡蓮沼において500石を与えられた[1]。死後に子(とされる)の資宗大名下野山川藩)に列した。

重正の出自の疑義[編集]

重正の父親とされる太田康資は、江戸城築城で知られる太田道灌の曾孫である。これはほぼ間違いない。しかし、重正が康資の子であるかは不明である(康資の子の太田駒千代は後北条氏の人質となり、康資が後北条氏から離反した際に自害し、墓所も現存する)。また、妹の英勝院は一般的には康資の娘とされているが謎が多い。更に家系図は資宗の代に何らかの改竄が行われたとする説がむしろ有力で定説を見ない。

つまり、現時点の歴史研究で「太田道灌の一族」と確定されているのは、康資までである。

脚注[編集]

  1. ^ 『藩史大事典 第2巻 関東編』