三田氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
三田氏
家紋
三つ巴
本姓 桓武平氏将門流?
種別 武家
出身地 武蔵国荏原郡三田?
主な根拠地 武蔵国多摩郡杣保勝沼
著名な人物 三田氏宗
三田綱秀
凡例 / Category:日本の氏族

三田氏(みたし)は、武蔵国国人

出自[ソースを編集]

武蔵名勝図絵』などによると平将門の後裔と称していたらしい。青梅市天寧寺にある三田政定が奉納した銅鐘には「大檀那平氏朝臣将門之後胤三田弾正忠政定」という銘文が刻まれている[1]。また、武蔵国荏原郡三田から起こったという説、壬生氏の子孫という説、相馬氏の子孫という説もあるが、いずれも確証は無い。

概要[ソースを編集]

三田氏は杣保(現在の青梅市周辺)を本拠地とし、最盛期にはその周辺地域や高麗郡入間郡方面まで支配していたと言われている。鎌倉時代末期には三田長綱三田清綱という人物が杣保で活動していたと伝えられている。「吾妻鏡」に三田姓の人物が複数登場し、また「太平記」にも三田常陸守という人物が登場するが、いずれもこの三田氏との関係は不明である。室町時代には関東管領山内上杉氏に属していたようで、立河原の戦いの後に長尾能景扇谷上杉氏方から奪った椚田城主に三田氏宗が任じられている。戦国時代に入り山内上杉氏の勢力が衰えると後北条氏の傘下に入り他国衆に列せられた。

永禄3年(1560年)、長尾景虎上杉憲政を擁して関東へ進出してきた際に三田綱秀は再び上杉方に付いて各地を転戦する。景虎撤兵後、上杉方に付いた関東の諸将の多くが再び後北条氏の傘下に入る中、三田綱秀は後北条氏に抵抗を続けた。そのため、永禄年間(永禄4年~6年)に北条氏照率いる後北条軍に辛垣城が攻め落とされ、三田氏は滅亡する。

嫡流の滅亡後も一族が後北条氏に仕えており、詳細は不明だが三田治部少輔という人物が確認できる。その他には三田三河守の子三田綱勝三田綱秀の弟という説や三田治部少輔と同一人物であるという説もある)という人物が北条氏照に仕え、御館の乱の際に上杉景虎の援軍として派遣され戦死したといわれている。後北条氏滅亡後、三田綱勝の子守綱徳川家康に召し出され旗本となった。その子孫は帰農していた三田氏旧臣と幕末まで交流を続けていたことまでは確認できる。

参考文献[ソースを編集]

  • 『増補改訂 青梅市史 上巻』 青梅市市史編さん委員会 1995年
  • 『【論集戦国大名と国衆4】武蔵三田氏』 黒田基樹編 岩田書院 2010年
  • 『寛政重修諸家譜』
  • 青梅市立郷土博物館 『戦国時代の青梅 三田氏の滅亡と北条氏』 青梅市立郷土博物館、2014年 

脚注[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]