小野政直

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
小野政直
時代 戦国時代
生誕 不明
死没 天文23年[1]8月27日1554年10月3日[1]
別名 道高[注釈 1]、和泉守
戒名 清仲源泉居士
主君 井伊直盛直満
氏族 称・小野氏
父母 父:小野重正
道好朝直、ほか諸説あり

小野 政直[注釈 2](おの まさなお)は、戦国時代武将遠江国引佐郡井伊谷の国人・井伊氏の家老。

人物[編集]

末裔に伝わる系譜史料によると小野篁小野道風などを輩出した皇別氏族小野朝臣の末裔であり、元は豊田郡小野村に住んでいた一族が井伊氏に招かれて引佐郡小野村に移ったのだという[注釈 3]。父は井伊直平に仕えた小野兵庫助重正で、自身も井伊氏の重臣として仕え、直平の孫・井伊直盛[注釈 4]、あるいはその叔父・井伊直満[注釈 5]の家老であったという。

天文10年(1541年)、井伊家は駿河国主の今川氏に従っていたが、甲斐国武田氏が遠江国への圧力を強めたため[2][注釈 6]、井伊家では井伊直満・直義兄弟が武田軍に備える準備をしていた。井伊直盛には嗣子がいなかったため、井伊直満の嫡子・直親が直盛の養子になる事になっていた。だが政直はこの事について不満を抱き、密かに駿府今川義元へ井伊直満・直義兄弟が謀反を計画していると讒言した。天文13年(1544年)直満と直義は駿府へ召喚され、そこで両人は殺されてしまった。駿府より井伊谷へ戻った政直は義元の命を奉じて残された亀之丞を殺害しようとしたが、直親の家老・今村正実らによって亀之丞は信濃国へ逃れた。

天文23年(1554年)没。跡は子の道好が継いだ。政直の死によって直盛は信濃国に逃れていた直親を呼び戻す事とし、弘治元年(1555年)今川義元の許しを得て直親を改めて嗣子として迎え入れた。

登場する作品[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 楠戸義昭によるが、出典は明らかにしていない。
  2. ^ 「政直」の諱は一次史料には見られないが、「龍潭寺文書」のほか末裔に伝わる系譜史料に見られるという。
  3. ^ 歴史学者の大石泰史によると、井伊氏の傍流にあたる一族である可能性もあるという。また楠戸義昭も、小野村に由来する小野氏が後になって小野朝臣を仮冒した可能性を指摘している。
  4. ^ 「井伊家伝記」による説。
  5. ^ 小野家の由緒書による説。
  6. ^ ただしこの頃には武田氏と今川氏は婚姻同盟を結んでおり、事実かどうかは疑問である。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 歴史と文化の研究所編『井伊一族のすべて』洋泉社(2017年)64頁
  2. ^ 「井伊氏伝記」による。

参考文献[編集]

  • 寛政重修諸家譜
  • 井伊家伝記
  • 『引佐町史』(引佐町、1991年)
  • 楠戸義昭『女城主・井伊直虎』(PHP研究所、2016年)
  • 夏目琢史『女領主井伊直虎と遠江の歴史』(同成社、2016年)
  • 大石泰史『井伊氏サバイバル五〇〇年』(星海社、2016年)
  • 井村修『井伊氏と家老小野一族』(2000年)
  • 川島幸雄『小野篁と遠州小野一族』(2003年)
  • 『井伊家遠州渋川村古跡事』
  • 『小野氏系図』(龍潭寺所蔵)