井伊直満

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
井伊 直満
時代 戦国時代中期
生誕 不明
死没 天文13年12月23日1545年2月4日
別名 彦次郎
戒名 円心院安渓岱大居士
墓所 龍潭寺
官位 信濃[要出典]受領名
主君 今川義元
氏族 井伊氏
父母 父:井伊直平
兄弟 直宗直満直義直元、養兄弟?:南渓瑞聞
直親

井伊 直満(いい なおみつ)は、戦国時代武将今川氏の家臣。遠江国引佐郡井伊谷城井伊直平の次男。

人物[編集]

井伊氏は遠江の国人であるが、父の直平と共に今川義元に仕えた。兄・直宗嫡男で甥にあたる直盛に男子がいなかったため、自身の子の直親養嗣子にする約束をしたが、直親が家督相続することを嫌う家臣の反感を買ったため、天文13年(1544年)、弟の直義と共に小野政直讒言で今川義元によって殺害された[1]

登場する作品[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 楠戸義昭『この一冊でよくわかる! 女城主・井伊直虎』(PHP文庫、2016年、96,97頁)