龍潭寺 (浜松市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
龍潭寺(りょうたんじ)
Ryotan Temple Gate.JPG
山門
所在地 静岡県浜松市北区引佐町井伊谷1989
位置 北緯34度49分43.1秒 東経137度40分05.3秒 / 北緯34.828639度 東経137.668139度 / 34.828639; 137.668139座標: 北緯34度49分43.1秒 東経137度40分05.3秒 / 北緯34.828639度 東経137.668139度 / 34.828639; 137.668139
山号 万松山
宗派 臨済宗妙心寺派
本尊 虚空蔵菩薩
創建年 (伝)天平5年(733年
文化財 庭園(国の名勝)ほか
法人番号 3080405003686
テンプレートを表示

龍潭寺(りょうたんじ)は、静岡県浜松市北区にある臨済宗妙心寺派の寺院。山号は万松山。本尊は虚空蔵菩薩

歴史[編集]

寺伝によれば天平5年(733年)、行基によって開かれたとされ、当初の寺号は地蔵寺であったが寛治7年(1093年)に井伊共保が葬られた際にその法号から自浄寺と改められた。

平安時代から井伊氏菩提寺であったとされる。元中年間(1384年 - 1392年)、宗良親王後醍醐天皇の皇子)がこの寺を中興したともいう。

永正4年(1507年)、井伊直平が黙宗瑞淵を招いて、龍泰寺と寺号が改められた。

戦国時代永禄3年(1560年)に戦死した井伊直盛がこの寺に葬られると、直盛の法号から龍潭寺と改められた。ちなみに龍潭寺のある井伊谷は井伊谷川と神宮寺川が合流する流域にあり、水が豊富にある。龍潭寺の「龍」は水神の龍でもある。直盛の死後井伊家の当主となった井伊直親、直盛の娘で直親の死後の永禄年間に井伊家を取り仕切った井伊直虎の墓もあり、直親と直虎の墓は隣り合っている。

井伊家伝記によると、小牧・長久手の戦いにおいて井伊直政が先手大将として出陣する際に、寺に伝わる「日月松有之金銀の扇子」を陣扇として授けたとされる。

関ヶ原の戦いの戦勝にともない、井伊氏が近江国に転封となってからも井伊氏の外護を受け、江戸幕府からも朱印状を与えられた。

文化財[編集]

庭園

名勝(国指定)[編集]

重要文化財(国指定)[編集]

静岡県指定有形文化財[編集]

  • 龍潭寺伽藍 6棟(本堂、庫裏、山門、開山堂、井伊家霊屋、稲荷堂)[1]
  • 紙本金地著色遊楽図 六曲一双

所在地[編集]

静岡県浜松市北区引佐町井伊谷1989

アクセス[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]