井伊直存

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
井伊直存
時代 江戸時代中期
生誕 享保4年4月1日1719年5月19日
死没 宝暦10年9月20日1760年10月28日
改名 伊勢之介(幼名)→松平清淳(初名)
→井伊直存
戒名 桂岳院殿徹心道馨大居士
墓所 東京都墨田区向島弘福寺
官位 従五位下、伊賀守、兵部少輔
幕府 江戸幕府
越後与板藩
氏族 奥平松平氏井伊氏
父母 父:松平忠雅、母:永林院
養父:井伊直員
兄弟 蜂須賀宗純松平忠刻直存松平忠張
正室:見樹院(阿部正晴阿部正武の三男)の娘、阿部正喬の養女)
直弼、直郡直朗直頼、娘(井伊直幸正室)、娘(小出英常継室)、娘(秋元永朝正室)

井伊 直存(いい なおあり)は、越後与板藩の第4代藩主。直勝系井伊家8代。

生涯[編集]

享保4年(1719年)4月1日、伊勢桑名藩主・松平忠雅の四男として江戸に生まれる。幼名は伊勢之介、初名は松平清淳(まつだいら きよあつ)。

享保20年(1735年)、先代藩主の直員が死去する3日前に養嗣子となり、同年5月26日に跡を継いだ。井伊直存と改名。日光祭礼奉行や朝鮮通信使の接待役を勤めた。

宝暦6年(1756年11月23日には江戸藩邸が焼失している。

宝暦10年(1760年)9月20日、42歳で江戸にて死去し、跡を次男の直郡が継いだ。