井伊直暉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
井伊直暉
時代 江戸時代後期
生誕 寛政3年11月5日1791年11月30日
死没 文政9年5月24日1826年6月29日
改名 伊与大郎(幼名)→直暉
戒名 嶺雲院殿徳応杲岳大居士
墓所 東京都墨田区向島弘福寺
官位 従五位下、宮内少輔、右京亮
幕府 江戸幕府
越後与板藩
氏族 井伊氏
父母 父:井伊直広、母:性月院(梅若氏)
正室:滝(井伊直中の養女、阿部正簡の娘)
養子:直経
テンプレートを表示

井伊 直暉(いい なおてる)は、越後与板藩の第7代藩主。直勝系井伊家11代。

寛政3年(1791年)11月5日、井伊直広の長男として江戸で生まれる。本来なら6代藩主・直朗の後を継ぐはずだった父が早世したため、寛政4年(1792年)8月17日、直朗から世嗣として指名される。文政2年(1819年)12月の直朗の死去により、文政3年(1820年)2月12日に跡を継いだ。与板城の築城に尽力したが、文政9年(1826年)5月24日に36歳で死去し、跡を養嗣子の直経が継いだ。