井伊直員

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
井伊直員
時代 江戸時代中期
生誕 正徳6年5月11日1716年6月30日
死没 享保20年4月5日1735年5月26日
改名 嘉久治、鉄之助(幼名)→直寛(初名)→直員
戒名 霊機院殿俊厳宗英大居士
墓所 東京都文京区小日向の徳雲寺
官位 従五位下、伯耆
幕府 江戸幕府
越後与板藩
氏族 木俣氏井伊氏
父母 父:木俣守吉、母:井伊直興の娘
養父:井伊直陽
正室:立花貫長の娘
養子:直存

井伊 直員(いい なおかず)は、越後与板藩の第3代藩主。直勝系井伊家7代。

近江彦根藩の家老・木俣守吉木俣守長の次男)の長男[注釈 1]として彦根で生まれる。享保17年(1732年)10月11日、母方の従弟にあたる藩主・直陽が重病に倒れるとその養嗣子となり、3日後に直陽が死去したのにともない襲封した。この時に名を直寛と改め、後に直員と名乗った。3年後の享保20年(1735年)4月5日に江戸で死去し、跡を養嗣子の直存が継いだ。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ただし『彦根藩家中貞享異譜』は、宝永6年(1709年)に早世した守吉の家督を相続した従兄弟の守嘉(守長の弟守閑の次男)と直興の娘の長男としている。